上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癒し系ボーダーといわれる十兵衛だが、唯一ワーキングっぽい動きを
するゲームがある。

それがこのサッカーボール。




ぐっと集中して、わき見もしないし、無駄吠えもない。

この静かな集中力をディスクでも発揮してくれれば、ルーティンのバリエーションも
ずいぶん広がるんだけどなあ。






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

スポンサーサイト
2010.10.02 冷静な犬
ワーキング系とショータイプについて書いた。両者は風貌ももちろん違うが、
わかりやすい見分け方をいえば、やはりその獲物を追いつめるような
動きだろう。
ジュウもサッカーボールを追いかけるときだけはこれをやる(笑)



これはジュウが以前通っていた牧場で撮影したもの。講師の犬が朝、
羊をコントロールしている。



シープをやるときに話題になったのは、意欲などという初歩の問題ではなく、
いかに冷静であるかということだった。

本能が騒ぐのか、大抵のボーダーは羊を見ると、突進していく。
ときには襲いかかり、足に噛みついてケガをさせたりする。

それをいかにコントロールして、ハンドラーの意のままに
ボーダーを操るか、そこがチームの腕のみせどころなのだが、
そのときに、興奮しながらも、しっかりとハンドラーの笛に
耳を澄まし、冷静に動く資質というのが大切になる。

これはハンドラーと犬の距離が遠くなればなるほど重要になる。
ときには何キロも先に羊を追ってこなければならないからだ。

意欲の強い犬はたくさんいるが、冷静さを兼ね備えた犬は少ない。



ちなみにジュウがシープを止めた理由は、気持ちが弱いから。
とても冷静なのだが、強い羊には怖じ気づいてしまう。

イギリスの羊追いたちにいわせると、意欲が強すぎてコントロール
できないボーダーの子はまだいい。訓練でなんとかなるからだ。
一番どうしようもないのは弱い犬だ、という。

でもあのころまだ一歳ちょっとだったから、今ならひょっとして
羊に負けないのではないか?とちょっと期待してはいる。









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



1歳ちょっとでリタイアしたシープ。
あれから1年半、果たしてジュウは覚えているか?


sheep2_20091122183715.jpg

で、ちょっとやってみたところ、工藤講師から、「リード使いましょ」
「ガーン!」

リード使ったのって、8ヶ月ので初めて体験したとき以来。その日も2回目にはリード外してた。




sheep3_20091122183715.jpg

でもリードで1回目、ジュウの動きをコントロールしてやると、ジュウもすぐ思い出し、そして
ハンドラーも思い出し(笑) 2回目はみちがえるように。


sheep4_20091122183714.jpg

距離をキープさせつつ、come bye とawayを繰り返し、羊をコントロール。




sheep5.jpg

離れすぎるとジュウのテンションが落ち、近すぎるとテンションが上がりすぎる。

そこで距離を微妙にコントロールしながら.....


sheep6.jpg

こらぁ、ジュウよ、羊のおけつの臭いをかぐんじゃねえぞ~!


ときどきけしかけたりして、楽しませてやり、


てな感じで楽しんできました(笑)


終わった後、工藤さんから
「1年半のブランクを全く感じさせない動きでした」とのお褒めの言葉が。

また通ってみようかな? (笑)











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



ジュウよ、いつか大平原で羊を追う日はくるのだろうか?(笑)




今日は久しぶりに羊追いに行ってきました。
どのくらいひさしぶりかというと、なんと1年半ぶり。

sheep1_20091121195739.jpg

ジュウが初めて羊を追ったのは8ヶ月のころ。
1歳をちょっと過ぎたころに中断して、以来ご無沙汰だったのですが....
ジュウは覚えているのか?

さあて、どうなったでしょう? (笑)

焼き肉食い過ぎて、倒れそうなので、
詳しいことはまた明日の日記で書きますね(笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



過去のミクシィ日記を読み返していて、いろいろな写真がでてきた。
これまで数え切れないほどゴジの写真を撮っているのだが、撮る人が変わると雰囲気も全く変わる。
そんな例をちょっと。

もらい写真2

これはシープドッグの講習を受けにいったときに知人に撮ってもらったもの。
それぞれの視線と表情が面白い。 自分の写真にはこういうのはないなあ。








もらい写真3

これは初めてシープを追ったころのもの。
なぜかジュウが自分のそばにいて、いっしょに羊を見つめているのがなんともおかしい。
画面からジュウを消せばとてもいいシープ写真になるのだけど(笑)
おれたちはどっちに逃げればいいんだ?と戸惑っている羊の様子もわかり、
やっている人から見ればちょっと不思議な写真になっている。



人が変われば撮り方も見方も変わる。当たり前なことだけど、
自分の犬を撮ってもらい、その違いを観察する、そんな写真の楽しみ方もあるのですね。
そうだ、みんなにもっとゴジの写真を撮ってもらおうかな?






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。