上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.08 靴磨きの少年
くつみがき

昨日、メインバザールを散歩していると靴磨きの少年に声をかけられた。
シュークリーニング!と言っているが、こちらはサンダルだ。
それでもしつこく言ってくる。
別にサンダルなんて汚れてても全然気にしないのだが、物乞いではなく働いている姿に心が動かされる。
10ルピーだというので、やってもらうことに。
少年は器用にサンダルを磨き始めた。
こういう場合、10ルピーで済むわけはなく、後でいろいろ言ってくるのだが、50ルピーくらいあげるつもりの気持ちでいた。
お布施みたいなものだ。
少年はサンダルの裏がはがれているのをみつけ、接着剤をつけたり、はがれたところに糸を通して修理を始めた。器用なものだ。

その姿を見ていて、はっと思い出した。十数年前にもこのパハルガンジの同じ場所でそんな経験をしたことがあった。その後どうなったかもまざまざと思い出した。

ちいさな善意など、ボコボコにされて後味悪く終らせられることの多いインド。
ああたぶんそうなるんだろうなあと記憶が蘇ってくる。

少年は案の定、200ルピーだせと終わったあと、要求してきた。
新品のサンダルが200ルピーで買えるよというと、じゃあ、150ルピーでいいという。(笑)

予想されていたことなので、笑って50ルピーをほうり投げ、そこを立ち去る。
少年は何か言っていたが、すぐにあきらめたようだ。

インドを知らない人からみればひどいようだが、このあたりはゲームみたいなもので、また会っても笑顔を交わせたりする。


それはともかく、この少年の10年後、20年後はどうなっているのか、そんなことを思ってしまう。
その辺りにいる埃まみれでくたびれた靴磨きの親父になってしまうのか。
今から教育を受ければ、いくらでも未来が開けるのに。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
2009.04.24 インド到着
cow.jpg

ひさーしぶりにインドにやってきた。前回はクンブメラーのときだから11年ぶりということになる。
IT革命やら中産階級の躍進とやらでインドは変わったといえば変わったが、変わらないところも多く、ちょっとホッとする。
今いるのは、デリーのパハルガンジーというところ。デリー駅の近く、安宿街で、旅人も多いところだ。
今は一番暑い時期にあたり、日中は40度を超える。
明日はここからオンボロバスを乗り継ぎ、さらに歩いて氷点下のヒマラヤの麓へいく。目的地に着くまで4,5日というところだろうか。道は険しく、まともな宿もなく、とにかく遠くて、そして限りなくハード旅なのだ。

写真は街中でみかけた牛。野良牛とでもいうのだろうか?あいかわらずインドの牛は威張っていた。
その優しい瞳を見ていると、ちょっとジュウを思い出した。

ホロリ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ ランキングに参加しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。