上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸前高田の小学校での写真教室の一コマ。

写真教室のテーマのひとつは大切なもの。

私は十兵衛の子犬のころの写真を紹介しました。

jugyo1120329_031.jpg


じつは子どもたちの中には、犬嫌いの子が二人いました。





jugyo4120329_016.jpg

ちゃんとラウンドしてからスタート。ちなみに犬嫌いというのはこの子のことではありません。

jugyo2120329_058.jpg

二人とも、以前、犬に追いかけられたり、噛まれた経験があるとのこと。

十兵衛は絶対噛まないこと。そして犬はどんなにやさしい動物であるかを教えてあげ、
フリスビーを投げさせてみました。





jugyo3-120324_090_r.jpg

すると2回目の教室では、ふたりとも喜んで十兵衛と遊んでくれるようになりました。


実は、被災地をまわっていながら、こんなことは何度もありました。
これまで犬に触るどころか、近づくことさえできなかった子が、スキンシップを通じて犬好きになってくれたのです。

大人になると、なかなか、犬嫌いはなかなか直らないのかもしれませんが、
子どものうちなら、なんとかなりそうです。
十兵衛もちょっと貢献できたようです。

なお、写真は友人のカメラマンからの頂きものです。




ポチっと応援ヨロシク


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

スポンサーサイト
十兵衛と被災地を回った1か月半の記録、「十兵衛と写真家の物語」
正式に出版が決まりました。

juubeihon.jpg


現在、原稿書きに没頭しております。


今回の101の主役はフライボールだと聞いたので、迷わずフライボールでエントリー。

で、問題はジュウがフライボールをやったことがないことだ(爆)
ただ、一回だけペット博の会場でフライボールのコーナーがあり、やらせてみたら
すぐ覚えそうな様子だった記憶がある。

妻は「やったことないのにできるわけないでしょ。他の種目にエントリーしなさい」
と怒っていたが、勝算はあったのだ。

ところが東欧取材が長引き、帰国したのは101の前々日。しかも前日の練習は
やっぱりめんどくさいということで、結局当日現場の練習のみで挑むことに。

幸い、昼休みにみんなで15分くらい練習する機会が設けられていた。15分といって
も他に7,8組いるので、実際に練習できるのは5,6回。

その回数で果たしてジュウが覚えられるのか?

自分がやったのは、まずボール抜きで発射台?にタッチさせること。
タッチコマンドはわかるので、まずそれで褒める。
そして少しずつ距離を伸ばしてダッシュからタッチの練習。

それができたらボールをセットしてダッシュからタッチ、そしてボールのレトリーブ。

ただボールをレトリーブという認識ができる前に練習は終了。


フライボール2

そこで、ボールだけ借りて、他の競技の合間に、ちょっとした練習をすることに。
ボールを起伏のあるところに置いて、妻に立ってもらう。
そしてジュウにそれを「探せ」のように見つけてレトリーブというのを強化していった。


そして本番がやってきた。
ハードルの往復はアジで練習したことがあるので、だいじょうぶ。
問題はタッチしてからボールを取れるかどうかだ。
直接ボールを取ると3秒もタイム加算される。

フライボール

幸い順番が後の方だったので、他の子を見て作戦を立てることができた。
他の子があまりできないようなら、タイム減点覚悟でいっしょに走り、確実にボールをレトリーブさせ
るつもりだった。

しかしジュウの直前の子がほぼノーミスでいい記録を出した。
こうなったら、伴走するわけにはいかない。

送り出しでGOコマンド。思いっきりスピードをつけさせれば、勢いでタッチするだろうという
作戦でもある。
勢い良く飛び出すジュウ。
しかし、発射台の手間で一瞬ちゅうちょ、だが次の瞬間、タッチしてボールをゲット、
間髪を入れず、カムのコマンドで呼び戻す。

おおっ、うまくいったぞ(笑)

これはひょっとして一位かと思ったが、残念、0.4秒差で2位に。

いやあそれにしても楽しませてもらいました(笑)

なおここでいうフライボールとは、団体戦ではなく個人戦のことです。

ところで、今回の101,もうひとつ、自分が力を入れている種目があった。
それは、ご存知、MK9フリースタイル、別名ドッグダンスです。
それはまた後ほど。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。