上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.30 お知らせ
お知らせです。
半年にわたり連載していた私の世界紀行、明日発売の号で最終回になります。
いつものようにグラビア5ページです。

週刊朝日

これまでご覧いただきありがとうございました。(ご覧いただいた方限定です 笑)



また、12月20日売りの号から、アサヒカメラで私の新連載が始まります。
こちらは見開きですので、2ページです。
写真雑誌ですので、写真メインで文章はわずかですが、これまで自分が辿ってきた
道のりを振り返ってみるつもりです。

老舗のカメラ雑誌ですので、私の記事うんぬんは別として、写真好きの方には、
とてもおすすめの雑誌です。

他にもいくつか12月は雑誌で掲載される予定がありますが、その都度、ご案内
しますね。

(犬系がないのが心苦しいんですが 笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




スポンサーサイト
2009.11.30 犬の気持ち
おととい、ゴジを残して、久しぶりに馴染みの串揚げやに行こうとしたときのことだ。
車のゲージにゴジを押し込んで、ドアを閉めようとしたとき、ゴジと目があった。
そして突然、妙な罪悪感を感じてしまった。



kimochi1.jpg

これから暖かい飯やで旨い料理に舌鼓をうつ自分たち。

それとは対照的に、暗くて肌寒い駐車場で、お腹を空かして待ってなければいけないこいつら。

そんなことを平気でする自分が、ゴジは自分たちの家族同然なんていえるのかな?
と、ふと思ってしまったのだ。






kimochi2.jpg




自分は、わりと犬は犬、人間は人間と分けているところがある。だからこれまでは、
待たせている間、おとなしくできるか、とか、車上ドロが入って犬が盗まれないだろうか、
そんなことしか考えなかった。

そんな自分がなぜ、突然そんなことを思ったのか?








kimochi3.jpg

串揚げをほおばりながら、考えていると、思い当たったのは、自分が最近ジュウの感情の
動きを観察しているせいだと気がついた。

ジュウの表情はとても豊かで、たとえば、散歩へ行く前の嬉々としたした顔、ドアを開けたら
雨が降っていたりして中止したときの呆然とした表情、それはやがて落胆と変わり、
あきらめへと変化していく。




kimochi7.jpg

そんなジュウの豊かな表情と繊細な気持ちの動きに興味を持ち、ここのところずっと
その表情を観察しているうちに、すっかり感情移入してしまっている自分がいた。

だから、2時間も駐車場で待っている間のジュウの表情や心の変化が手に取るように
わかり、なんともいえない気持ちになったのだ。

もちろんたかだかそんなことで罪悪感を持つ自分が、一般の愛犬家からみても滑稽なことは
十分わかっているのだが。



kimochi5.jpg

実は昨日、久しぶりにフリーフライトの練習会へ行った。ゴエはいつものようにキチガイのように
ディスクを追っかけていたが、ジュウはなぜか、複数のディスクになると追わなかった。
ジュウの場合、それはよくあることなのだが.....
そんなときのジュウは、困ったような、助けを求めるような、なんともいえない表情になる。





kimochi6.jpg

ジュウ、いったいどうしたんだい?
いったい何を訴えかけているんだい?



なあ、ジュウ。










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ






今回はちょっと、いつもと趣向を変えました。
はい、自分勝手なブログです(笑)


現在、新連載を企画中で、現代科学の最先端を調べているのだが、そのうちのひとつ、再生医療で、ips細胞、ES細胞と調べていくうちに、クローン犬の話にも当然行き当たった。
そしてクローン技術の現状が、ちまたに流れている情報とはかなり様相が違うことがわかってきた。
たとえば、クローン化のため採取する細胞は、採取対象の年齢が組み込まれており、それから作り出しても、クローンの寿命はその延長にしかないというもの。
これは過去の細胞分裂により老化の原因となるテロメアが短くなっているせいとされていた。

どうもこれが嘘らしい。長生きするクローンがあらわれ始めたのだ。

そしてクローンの現場の状況を知ってもっと驚いた。クローンというのは未受精卵と細胞との細胞融合により、クローンの胎子をつくるのだが、たとえば牛の場合その成功率が30パーセントにも満たないとのことなのだ。ハエに至っては5パーセントとか。
で、どういうことかというと、3頭の牛のクローンを造る際に7頭の牛が死んでいることになる。もちろん、それが、生命の萌芽的状況も含んでいるので、死という言葉を使うのは適切ではないかもしれないが。

クローン犬ビジネスのことはよく知らないが、一頭の愛犬ポチを産み出すために何頭のポチが生まれ、死んでいくのだろうと考えると暗澹たる気持ちになった。




動画は、蛍光遺伝子を入れたビーグル。クローンというより遺伝子操作だと思うのだが。


「だからわたし、クローンはいやなのよ」
という短絡的な話にはしたくないけどね、クローン技術はパーキンソン病など、不治の病を治す、唯一の技術といわれており、今、最も期待されている分野で、日本も最先端を行っているし......





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



2009.11.26 おやぢ語


苦しいときも

うれしいときも

かなしいときも

怒りにふるえるときも、

くじけてしまいそうなときも、、

ふと振り返るといつも笑顔のおまえたちがいる。

お前たちの無垢な笑顔にどれだけ癒されたことか、
生きる力を与えられたことか、



kouen3_20091126114456.jpg



ありがとう、ゴジ   






と、もちろんおやぢは思っていてもそんなことは決して口に出さない
で、おやぢ語に翻訳すると、こうなる(笑)

    


    
     ほんとに、

     おまえらは、

     いつみても

     アホ面だのう。

ツーショット


    涙がでるぜ。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



nagasi.jpg

韋駄天のように、荒野を駆け抜ける十兵衛 !

ついにガンドッグにも進出か?!











と思ったら




riverplay3.jpg

ゴエと遊んでいるだけでした(笑)

この記事は「ゴエモンせんせえ」の方でよろしく。

えっ? 手抜きだって? 
たいへんなのよ、一日2ブログ更新は(笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



1歳ちょっとでリタイアしたシープ。
あれから1年半、果たしてジュウは覚えているか?


sheep2_20091122183715.jpg

で、ちょっとやってみたところ、工藤講師から、「リード使いましょ」
「ガーン!」

リード使ったのって、8ヶ月ので初めて体験したとき以来。その日も2回目にはリード外してた。




sheep3_20091122183715.jpg

でもリードで1回目、ジュウの動きをコントロールしてやると、ジュウもすぐ思い出し、そして
ハンドラーも思い出し(笑) 2回目はみちがえるように。


sheep4_20091122183714.jpg

距離をキープさせつつ、come bye とawayを繰り返し、羊をコントロール。




sheep5.jpg

離れすぎるとジュウのテンションが落ち、近すぎるとテンションが上がりすぎる。

そこで距離を微妙にコントロールしながら.....


sheep6.jpg

こらぁ、ジュウよ、羊のおけつの臭いをかぐんじゃねえぞ~!


ときどきけしかけたりして、楽しませてやり、


てな感じで楽しんできました(笑)


終わった後、工藤さんから
「1年半のブランクを全く感じさせない動きでした」とのお褒めの言葉が。

また通ってみようかな? (笑)











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



ジュウよ、いつか大平原で羊を追う日はくるのだろうか?(笑)




今日は久しぶりに羊追いに行ってきました。
どのくらいひさしぶりかというと、なんと1年半ぶり。

sheep1_20091121195739.jpg

ジュウが初めて羊を追ったのは8ヶ月のころ。
1歳をちょっと過ぎたころに中断して、以来ご無沙汰だったのですが....
ジュウは覚えているのか?

さあて、どうなったでしょう? (笑)

焼き肉食い過ぎて、倒れそうなので、
詳しいことはまた明日の日記で書きますね(笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



先月、リアルタイムでお伝えした空から見たドナウ、その入稿が終わりました。


transit1.jpg




transit2_20091121083249.jpg




transit3.jpg






transit4.jpg





表紙と巻頭カラーぶちぬき13Pです。
血と汗と涙の結晶(笑)、お見逃しなく。
12月の発売です。
(注 ここに載せた写真はもちろん使用していません)


transitcover1.jpg
講談社の旅雑誌です。
















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


続いてハイパーフライトでのゴエモンのフリップ







flip1.jpg

ゴエとのフリップは気合いいれてスローなのだ。





flip2.jpg

photo by Gee


なぜなら、ゴエがとっても真剣だから、生半可なスローは失礼なのだ。










flip3.jpg

おお~、ほとんどむささび 。






flip4.jpg

photo by Gee

しっかりキャッチ !








flip5.jpg

photo by Gee

ゴエの気合いも凄い!











で、うちの弟分はといえば......


flip6.jpg

Photo by Gee


あ~れぇ~~ 









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




11月のハイパーフライトでゴエモンが初めてハードなディスクを使い、ベーシックフリーに参加した。
ディスクは極小サイズ。これってどうやってトリックスロー投げればいいんだろう?
なあんてつまらないことはともかく、PART1では、ゴエの華麗?なバックボルトをご覧あれ。

goevolt5.jpg

photo by Miyuchin

まずロングキャッチからの折り返し、ここで加速する。

この後、バックボルトを決めるのだが、なんと3カメ !



goevolt1.jpg

photo by IBG

せーの!





goevolt2.jpg

photo by Sora papa

ジャンプ!








goevolt3.jpg

photo by ぢぃさん

とおりゃ~!






goevolt4.jpg

photo by ぢぃさん


ナイスキャッチ!



しかし3カメ態勢で写ってるところがせんせえらしくて笑える。

ちなみにジュウのバックボルトは


goevoltju.jpg

photo by ぢぃさん

ゴエの方が迫力ねぇかい ? (笑)


ぢぃさん、IBGさん、Miyuchin 写真ありがとうございました。





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ






かわいい愛犬と踊りましょう ♪


さあ、Shall Ju dance ?


judance.jpg

さあ、おぼっちゃま、おいで~♪






judance2.jpg

おまたをくぐりましょう ♪ 






judance3.jpg

あん、どぅ、トワ~  ♪







judance4.jpg


ワ~イ、楽しいね、十兵衛~ ♪




そう、ゴジ家は、実はステージには上がらない、ストリートダンサーならぬ、
フィールドドッグダンサーだったのです(笑)


まあ、お見せするほどのものではないというのもありますが(笑)



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

先日行われたPawfect、ファンマッチのスナップ続きです。


小太郎

小太郎






エルシィ

エルシィ






ファセリア

ファセリア






ここでは良く知っているダックスのエルシィについてひとこと。
実はエルは腰の調子が悪く参加をためらっていたとのことですが、
素晴らしい演技で最高の得点をだしました。順位のつかないクラス
だったのが残念なくらい。
特に犬との絆という項目ではパティが満点を出したとか。
ハンドラーにとって一番名誉な得点ですね。

おめでとう、エルシィ、そしてエルママ。








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

2009.11.16 ゴエがヤバイ
最近のゴエはほんとにヤバイ。

フリーフライトで、ひとつ上のクラスへ上がるためにソフトからハードディスクへ変えただが、
その動きが半端じゃないのだ。

なお、今回は写真がみゆちんなので、かなり見苦しいけどお許しを。



diskg1.jpg

たとえばスタンドでのマルチプル ダックスバージョンだがこれは楽勝。 photo by Miyuchin





diskg5.jpg

成功確率100パーセントなのと、ディスクが小さくて散らないので、何枚でも稼げる。





diskg3.jpg

この写真は回転してないが、左右のフリップもお手の物。

反応がいいので、コンビネーションもどんどんいける。






diskg4.jpg

バックボルトはお得意。寝そべりながら投げる方は大変だけど(笑)





diskg6.jpg

バックボルトからのゴーアヘッドもゴエは教えなくてもできる。






diskg2.jpg

待っている間もずっと笑っている仏の十兵衛。





diskg7.jpg

技のバラエティを増やして、コンビネーションを組み立てれば、
次回のハイパーは面白いことになりそうなのだ。

その前にNPAにでてみちゃおうかな?
ダックスのフリー見たら、びっくりするかもね。


遊び終えて帰り際につい出た自分のひとこと
「ゴエみたいなボーダーが欲しい」

「それってなにか、おかしくない?」
いったとたん妻とふたりで顔を見合わせて笑った。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


おかげさまでランキング急上昇中 

2009.11.15 お知らせ
今月17日発売の月刊ヤングジャンプで映画いぬばかの紹介と、連動するドッグスポーツの
企画として、ハイパーフライトを記事にしました。
写真と文は管理人の私です。活版2ページとわずかですが、興味がある方はどうぞ。
なお、週刊ではなく、増刊としての月刊ヤングジャンプですので、お間違いなく。

いぬばか2

写真は犬ばかの撮影風景。







いぬばか1

今回は写真も記事もわずかですが、ディスク競技については、いつか、きちんと
まとまったページを取って、一般のメディアに紹介したいと思っています。






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


おかげさまでランキング急上昇中 

2009.11.14 Pawfectより
Pawfectからのスナップショット、その1です。

snap1.jpg




snap2.jpg




snap3.jpg




snap4.jpg




snap5.jpg



snap6.jpg


犬も人間もとても楽しそうに演技しているのが印象的でした。
ここでは僅かしか紹介できませんが、全身の素敵なカットを収めた写真は
担当された動物写真家の岩井さんが撮影されているはずです。
ご自身の写真がご希望の方は岩井氏のHPで頼めばまだ間に合うかも?
http://nyanja.com/

よけいなお世話だったかな? (笑)





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


おかげさまでランキング急上昇中 


2009.11.13 ABPの7変化
PawfectにはABPはソロでも出場した。


abp1.jpg

ひげを剃って、ネクタイを換えてと、なかなか芸が細かいのだ。






abp2.jpg

ロックおやぢからスリムでおしゃれなおじさんに変身したようにも思えるが....。


abp3.jpg

あっ、ビンゴかわいい ♪





abp4.jpg

なぜか植木等とダブってみえるのは、その昔、スーダラダンスをやったせいだろうか?





abp5.jpg

軽妙なおやぢらしい味わいのあるダンスでした。


ところで






abp6.jpg
photo by Iwai


あなたの好みはどちらでしょう?

えっ? どちらも好みではない?
そう思った人は下に一票 !
さあて何票あつまるかな?(笑)

あっ、ビンゴかわいいと思った人も一票ね ♪




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ







Pawfectの翌日はハイパーでフリーフライトに挑戦。

実はもちろんこれも不在だったために練習ゼロ。
しかも即席ダンス練習に直近も費やしたのでルーティーンも決めてなかった。

jufree1.jpg

キャンセルしようかと思ったが、お金は払ってるし(笑)
場慣れということで、結局出ることに。






jufree2.jpg

複数ディスク追わない病は治ってないはずなので、ルーティーンも決めてなかったのだが、
そういうときに限ってジュウはパワフル(笑)






jufree3.jpg

なんだ、そんなにやる気あるんだったら、練習しとけば良かった、とちょっと後悔。





jufree5.jpg

さすがに後半はだれたが、ジュウにしては上出来。





jufree4.jpg

よし、ジュウ、よくやった。

次回はちゃんとルーティーンをつくるから、がんばろうぜ!

写真はボビィママ、イボGにお借りしました。
ありがとうございます。





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





オヤジャーズのジャケット、略してオヤジャケット・アルバムができた。

DSC_5944.jpg

先輩写真家オヤジーナが写真を送ってくれたので、
それを加工してジャケット風にしたのだ。











DSC_2507.jpg



ボーダーの白黒とバッチリ合ってる。




_MG_5244.jpg

ゴジ家オリジナルの写真も加工してみた。




サンキュー、オヤジーナ ♪






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




初挑戦のMK9フリースタイル。ABPと、とにかく楽しもうという作戦で望んだ(笑)

今回は全体の流れとトリック。曲はこれ。











oyajazu1.jpg

まずプレイボウでスタート。







oyajazu2.jpg

ジャンプ系を入れたあとに、足タッチで左に動く。







oyajazu3.jpg

次に背中タッチで右方向へ。 ペアだとごまかしが効かないので揃えるのが大変なのだ。






oyajazu4.jpg

ここから自分のソロ。流れをいうと、股くぐりからバック、そしてピポットターン、ハンドラーだけ
飛び出して、スルーさせたあと、背中超えのジャンプ、転がる自分の上をジュウがさらにジャンプ
そしてお互いに寝そべって、一緒に左右ローリング2回、(写真はローリング)





oyajazu5.jpg
そこから逆立ち股跳びを入れて..........................あっ、ジュウ、かわいい(笑)


oyajazu6.jpg

ドッグキャッチ! ソロの時間が20秒ちょいなので、スピードが要るのだ(笑)





oyajazu7.jpg

ABPのソロ。かる~く流している感じなのだ。


oyajazu8.jpg

曲に合わせてハチャメチャに暴れ回った後、最後はABPは足タッチ、自分はドッグキャッチで
決めポーズ。うーん、2分は短いぞ。(笑)








狙い通りに決まって結構受けていた。特にゲストのパティは大喜び。
確かにアメリカ人好みの演出かも。

toumei.jpg

透明人間なのだ(笑)







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


ジュウよ、今日もありがとう。

2009.11.10 お知らせ
shukanasahi2.jpg



今日発売の週刊朝日グラビアで私の世界紀行、連載5回目が掲載されています。
人をテーマにしたシリアスな内容ですが、興味のある方はぜひ。







young_jump.jpg

また今月17日発売予定のヤングジャンプの誌面でドッグスポーツを紹介する予定です。
活版ですが、ハイパーフライトのフリーフライトや、映画「いぬばか」のシーンなどを撮影した
ものを入稿しました。こちらもぜひ。こちらも写真と文を担当してます。








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





わがオヤジャーズの話しはとりあえず置いて、今回のPawfect ファンマッチの話しをすると、
一番注目されたのは、この人だろう。

突然愛犬を失うという不幸ののち、長らくMK9の場から遠ざかっていた永村氏。

nagamura1.jpg

今回、新たなパートナーとの演技が見られるということでたいへん注目されていた。




nagamura2.jpg

曲は、Got to be real. パートナーはボーダーコリーの、のこ。





nagamura3.jpg

軽快な動きでリズムに乗り、曲にあわせて、ところどころピタリと止める。犬との呼吸もぴったりだが、
人間のダンスもキレがある。
このあたりの構成のセンスは素晴らしい。


氏の演技を初めて見たのは2006年、山中湖での大会だった。
和太鼓をモチーフにした構成だったと記憶するが、ルーティンの構成、斬新さなど、群を抜いて
いたように思う。




nagamura4.jpg

遠隔からのスタンド。
WCFO MF ビギナーAクラス(今回の最高クラス)で一位。、やはり今回も参加者
の中で、一段抜きんでた演技だったのは誰もが認めるところだろう。

曲が終わると、会場からはため息と満場の拍手が起こった。










ジュウ、ぽかーん、としてないで、おれたちもガンバローぜ。

jukyoton.jpg

ぽか~ん。





明日発売の週刊朝日グラビアで、人をテーマにした私の世界紀行第5回目が掲載されます。
本ブログとは関係ないシリアスな内容ですが、興味がある方はどうぞお手にとってみてください。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





ついにおやじゃーずが初お披露目。

今日行われたPawfect、ファンマッチより。

oyajaze1.jpg

そう、ブルーズブラザーズの監獄ロック !










oyajaze2_20091107223336.jpg

背中にタッチで、揃えて行進。


ついにお披露目したおやじゃーず、 大反響でした(笑)

明日はハイパーで早いので、今日は簡単ですが、ここまで。
詳しいことはのちほど。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




2009.11.06 宇治橋渡始式
iseuji8.jpg


新しい宇治橋。清々しい。






iseuji2.jpg

宇治橋渡始式の1シーン。儀式の模様はテレビでもご覧になった方が多いと思う。
詳しい模様はまた雑誌で。






iseuji3.jpg

詰めかけた人々も橋を渡る。何万人もの人がこの儀式のために伊勢を訪れ、長い列を
つくっていた。




iseuji4.jpg

私も混じって、橋を渡る。一番のりは気持ち良い。







iseuji5.jpg

宇治橋前にはこんな光景も。
わんはだめなので、外で見物かな?






iseuji6.jpg

撮影を終えて、ほっと一息。ちょっとエキセントリックな伊勢うどんを食す。
慣れればなかなかイケる(笑)





iseuji7.jpg


お祓い横町の入り口近くにある焼き物やのおばちゃん。カメラを向けると逃げるのだが、
そのいいわけが「もう10年若かったら、撮ってもらうんだけどね」
10年後もきっと同じことを言ってるぞ、ぜったい (笑)






さあ、すべての仕事は終わった。
これから7時間のドライブ。ゴジの待つわが家へ !



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



2009.11.05 美しい国
赤福をいただいた後は、神宮で挨拶を済まし、撮影を始めた。

iseb1.jpg

神宮(こちらでは伊勢神宮とは呼ばない。神宮というのが伊勢神宮の固有名詞)では、
社殿も木々も、参道も、初めて通った20数年前と変わらぬたたずまいだった。



iseb2.jpg

ここでは時は止まり、そして永遠に流れる。

変わらず、そして常に新しいというのが、伊勢神宮の魂ともいえる。




Iseb3.jpg

そして神宮に息を吹き込むのが人々のやはり変わらぬ思いだ。











Iseb4.jpg

変わらず、常に新しいというのは、まるで神宮を覆う大木のようでもある。


そんな神宮の発する大自然の「気」を全身に浴びながら、撮影を続けた。


憑かれたように撮影を続けるうちに、いつの間にか20代のころ、初めて伊勢の地で撮影を
始めたころの気持ちに戻っている自分に気がついた。













こんなことを記しながら、次のようなバナーを出すのはとても心苦しいのだが、
やはり出さないわけにはいかないだろう(笑)

前を向いて走っていても、振り返るといつもこいつらが笑って自分を見つめている。
内なる幸せを感じる瞬間なのだ(笑)



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ







2009.11.04 赤福の謎
そう、出かけた先はお伊勢さん。

10数年ぶりに訪れました。 宇治橋渡始式が行われるので、取材に行ったのです。

ise1_20091104101903.jpg

出番を待つ新しい宇治橋。すがすがしい木の香りが匂い立つようです。

実は自分は16年前に伊勢神宮の写真集を出していて、ほとんどの遷宮行事を網羅
していたのですが、この宇治橋渡始式だけは都合で撮ることができませんでした。
ですから、20年ぶりのリベンジということです。

撮影の合間にあの赤福へ。

ise2_20091104101903.jpg

赤福は朝の5時からやっています。深夜に車を飛ばして来たのですが、
お祓い横町はまだどこも開いてないなか、やってました。さすがです。




ise4_20091104101903.jpg

赤福の売りのひとつが、若い娘さんがこねた赤福餅というのがあります。
ガラス越しに作っている様子が見られます。
あっ、ホントだ! (笑)  赤福の社長、やりますね ♪




Ise6_20091104101903.jpg

20代前半は、伊勢神宮へ毎日通って写真を撮っていました。そのころよく訪れたものです。
懐かしい味がしました。定番のひと盆も好きですが、大の好物は赤福氷。あれは夏だけの
限定メニューです。ということで次回のお楽しみに(笑)





Ise5.jpg

今回はお祓い横町で入り口からちょっと離れた方の赤福へ行きました。縁側から五十鈴川
と橋を望みながら、こんな風に縁側へかけて、憩いのひとときを楽しみました。


さあ、これから撮影がんばるぞ! と気合いを入れたのでした(笑)













Ise7.jpg

おっと、誰か、わすれちゃいやせんか ?!











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



おとといはゴジとドライブ

gojidrive2.jpg


どこへ行くのかな?




judrive.jpg






gojidrive3.jpg

ゴエは外を見るのが大好き







ところでゴジ、オレちょっと出かけてくるよ。

_gojibybyemo.jpg

えっ、またどこかいっちゃうの?



そしてまた写真家は旅立ったのであった。











ise1.jpg









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。