上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.31 愛の反対は?
「愛の反対は憎しみではない。無関心なのです」
とは貧困にあえぐ人々を救うために生涯を捧げたマザーテレサの有名なことばだ。意味はちょっと違うが、それは犬にもあてはまるように思う。
ゴエにもジュウにも、自分はちょっかいだしまくりで、嫁さんが犬の同情するくらいなのだが(笑)、それでもやはりうざがられるくらいにちょっかいをだす。

寝込みを襲うのは日常茶飯事で、暇があれば家の中でも突然トリックを始め、バトルをしかけることもしょっちゅう。
ちょいと郵便局に行くのも連れて行くし、車でスーパーへでかけるときも、外に出さないのにもかかわらず乗せていく。
テレビを見ているときも、退屈するとジュウの上に覆い被さり、ボディバスター状態になるのだが、そんなとき死んだふりをしているジュウを見るのも楽しいのだ。まあ、その後必然的にバトルが始まるのだが。

そう、我が家は犬にとっては常にピンクパンサーのクルーゾー警部状態で、さしずめ自分は突然襲いかかる助手のようなもの(笑)だから犬たちは常に私の一挙手一投足に警戒し、また楽しみ?にしている(笑)

「うざがってるよ」と嫁さんによく注意されるが、自分は思うのだ。
冒頭に書いたように犬にとっていちばんつらいのは無関心でいられること。犬はとてもさみしがりやだ。

庭につながれたまま、1日1,2回の散歩以外はずっと寝ているだけの犬たち。散歩に連れられていくだけでもましだが、きっととても寂しいのではないかと。

ゴジのいつも好奇心満々の瞳を見ていると、やはり間違っていない、と感じる。

といいつつ、たとえば嫁さんとゴエが寝ているベッドに潜り込もうとすると、ゴエが「ウーッ」と唸ったりしているのを聞くと、ちょっと反省したりもする(笑)

ちなみにKY系のジュウはそんな時唸るどころか、顔をなめまくりでこれはこれでちょっと困る(笑)












にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




スポンサーサイト
2009.12.28 パピィ
Picasaを入れてから、なにげなく過去の写真をパラパラと見たりするのだが、
見逃していた写真を「発見」することも多い。


hyoujou.jpg

この写真もそのひとつ。ジュウの表情がなんともいえない。


今では、白めをむいて、いびきをかいて寝ていたりして、嫁さんに「おやじみたい」といって
いやがられているのがウソのよう。
ん? これって間接的ないじめかも? (笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2009.12.27 ゴエの新技
足の上にのっけてそこからディスクキャッチ。


ゴエの新技

この目が合った瞬間がとても可愛くていとおしくなる(笑)




ゴエの新技2

これ、投げがむつかしい。



本当は足の裏に乗せたいのだが、ダックスなので、これでいいのだ(笑)
写真はSPSから










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2009.12.24 十兵衛開眼?
フリーを初めてから1年、複数ディスクを追わない病の十兵衛にほとほと手を焼いた。
いろいろな人にアドバイスを受けたが、いっこうに直る気配がない。
犬のことは結構自信があった自分だが、こればかりはどうしていいかわからなかった。


そして、今月久しぶりに参戦したNPAでD1に上がったSパパと久しぶりに話す機会があった。
SパパもD1でプレイするRとはバリバリなのだが、同じボーダーのNとはうまくいかないと言っていた。
そう、Nも複数やらない病なのだ。いろいろ試しているのだが、どうにもならないそう。
これってなんなんでしょうね。最初から何の問題もなく複数でやれてるペアがうらやましい、というか憎たらしいくらい(笑)


sps1.jpg

だから参戦2度目のNPAでは、1枚でもいいやと思いつつやった。
でもテンションがどんどん下がっていくのが、わかったが、なんとか1分やることができた。
というか、1分持ったという感じ。

そんなにフリーがいやならやめようかな?とさすがに思うように。

もうこれが最後と思いつつも、少し工夫しつつ、散歩広場で新しい試みをし始めた。
ゴエが使う160のディスクに換え、簡単なレッグオーバーの連続に。
小さいディスクの方がジュウは好むからだ。
それでもやらないときは、ゴエにすぐ交代。

こういうことを何日も繰り返していると、ジュウもさすがに焼き餅からレッグオーバーでも追い続けるように。
そこで、今度は、レッグオーバー6枚投げの後にショートを1枚入れてみることに。

そしてショートを追うようになったら、こんどはロングを入れてみる。集中が切れたり、拒否したら即交代。
ゴエもフリーをやるようになったので、160の同じディスクだし、ライバル心は燃えているようでわんわん言って要求はしてくる。


sps4.jpg


そんな日々が続くなか、今日は初めてスタンダードなディスクに換えた。ディスクの数も8枚ほどに。
まずレッグオーバーの連続からロング、そして戻ったところでまたレッグオーバー7投。
テンションが下がりつつも、なんとかできるので、その流れを繰り返す。

そして拒否ったところでまたゴエと交代。ただ、いつもと違いかなりいい感じだ。
次は、フリップ、バックボルト、カタパルトを交えながら、リズム良く7投して、ロング。
そして戻るところをリアルオーバー、そこからロングを何度か繰り返した後にまたフリップや、チェストボルト、ドッグキャッチ、バックボルトなどを繰り返し、またロングを連発したが、ジュウは集中を切らさずに最後まで楽しそうにやってくれた。
これには見ていた嫁さんもびっくり。「ジュウ、ずいぶん良くなったね!」と驚いていた。

そう、ジュウは一通りの技ができるので、集中さえ続けばかなりやるのだ。キャッチ率もいいし。
フリーの楽しさを感じてきたようなので、こちらがリズム良くポンポン投げてさえやればもういけるかもしれない。

フリー初めて1年、ずいぶん後戻りしたが、今日はちょっと光明がさしたのだ。

ジュウ、ひょっとして開眼した? (笑)

写真はNPAの大会を撮影しているSPSのサンプルからお借りしました。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


昨日はボーダー友だちの結婚式に出席。
とてもハートフルな心温まるウェディングでした。

Ionとあっこちゃん

控え室で出番を待つ”ふたり”。
そう、わんも出席したのです。タキシード姿もなかなかのものでしたよ。







あっこちゃん

せっかくなので撮影もお受けしました。綺麗でしたよ。














あっこ3

人間もわんも、どうぞお幸せに。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



アサヒカメラ表紙

私事ですが、過去20年の旅の遍歴を振り返る連載を始めました。2ページの見開きだけですが、とりあえず1年間やります。今日発売です。それにしても今、送られてきたアサヒカメラを読んでいるのですが、本当に中身の濃い雑誌ですね。読み応えがあります。カメラや写真好きの人にはたまらない雑誌ですね。長く続いてきた理由がわかる気がします。












にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2009.12.17 冬ですねえ
めっきり冷え込んできましたね。
いよいよ冬らしくなってきました。

ということで、今日は雪遊びをするゴジベの写真をアップしておきます。

snow1.jpg











snow2.jpg










snow3.jpg

今年の冬は雪遊びできるかな?

雪よ来い ! (笑)















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



なあ、ゴエモン。



omeme.jpg

おまえのおめめは、どうしてそんなにまあるいんだい?

















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



今日はこんな時間にFM東京の電話インタビュー。雑誌からみでウィーンの話をしてほしいとのこと。
明日の朝オンエアというからびっくり。
ラジオで話すのは15年ぶり?

10月に訪れたドナウ川のお話とウィーンの音を提供しました。




12月13日(月)朝5時50分からFM東京クロノス サウンドオブライフという番組だそうです。
朝強くて興味がある方は、どうぞ。数分のコーナーです。

お耳汚しだとは思いますが(笑)




ウィーン

ウィーン、シェーンブルン宮殿にて










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

2009.12.12 表現
おとといは東欧特集をやった編集長と久しぶりに食事。酒と鳥すきを楽しんだ。
話は弾み、夢は広がる。そしてブラジルの前に、お近くのある国へ行くことが決定。
えっ、どこかって? ヒントは微笑みの国です(微笑)



帰りの電車の中で雑誌を取り出し、あらためて写真を眺めてみると、自分のページだけ、
シャープネスや解像度が突出してるなあと感じる。特にシャープをかけたわけではないのだが。
雑誌全体のトーンや紙質を考えると、もう少し暖かい感じ、ゆるい感じにする手もあったかな、
と思う。

kojou.jpg


写真はオーストリアの古城、誌面には載らなかったが好きな被写体のひとつだ。こんな感じの表現もありだった
かもしれない。


ブログがいつの間にか、犬だけではなく、もろもろのつぶやきっぽくなってきたが、それはそれで
自然な流れかな、とも思えてきた。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2009.12.10 独学の限界
ゴエが3ヶ月のころ、あるドッグスクールでしつけ教室のためのカウンセリングを受けたことがある。
そしてその結果にびっくりした。なんと「スクールに通う必要ない」といわれた(笑) 
トレーナーが用意した6ヶ月までのプログラムをその時点で全てクリアしていたのだ。
特に呼び戻しの反応が良くて、「犬と素晴らしい関係を築いてます」と褒められた。
まあ、金儲けに走り勝ちな犬業界で「必要ない」と言い切るトレーナーもスゴイと思ったが(笑)




ゴエクッキー


そんなこともあり、ゴエにしてもジュウにしてもしつけや、オビ、ディスク、ダンスをはじめとする
ドッグスポーツもほとんど独学で教えてきた。自分が自由業であり、犬と多くの時間を過ごせる、と
いうこともあった。

そのトレーナーと、先日ドッグダンスの話をしていたら、こんなことを言っていた。
「どうも、ダンスを自分の犬とやっていて独学でやってきたことの限界を感じるんだよね」
彼もほとんど独学でしつけやオビ、ドッグダンスを教え、自身も素晴らしい成績を残してきたのだが。
「たとえば、トリックというのは教えればできるようになる。でもそれだけじゃあないんだよ」
彼はそれ以上のものを求めているらしい。話を聞きつつ、流れとか、冷静さとか、
技から技へのシークエンスのことかな、と想像していた。
「それがね、小犬のころから教えてきたやり方だとうまくいかない。かといっていまさら変えるわけ
にはいかないんだ」
彼の犬はゴエと同じ6歳、確かに今さら変えるわけにはいかないのかもしれない。
それにある意味、すでに完成しているわけだから。
自分もダンストリックなどは全て独学。マリーレイの本など身ながら工夫して教えたタイプだから
その話は興味があった。
「だからね、今にして思うのは、小犬のころから先を見据えた教え方、それが必要だと思う。
そういう意味では、欧米の一流どころから、習ってみたい、という気持ちに初めてなったよ」
彼は新しい犬を迎えたときには今の犬と違う教え方をするといった。

犬のことは、たいていは自分でできる、自分も独学でじゅうぶんと思ってきた。
しかし、高みを目指すとき、独学だと必ず壁にぶち当たる。

その話を聞いたとき、たいへん失礼な言い方だが、自分がもし次の犬を迎えたなら、
このトレーナーからなら習ってみたい、初めてそんな気持ちになった。










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



こんなタイトルでカテゴリが仕事でいいのかという疑問はありますが(笑)

来年早々、あらたなる美女紀行の予感が。

実現すれば、2度目の訪問。

ちょいと過去の写真を。

brazil1.jpg

かわゆい!




brazil2.jpg

ビーチも開放的だ。






brazil3.jpg


こっちも忘れてないよ(笑)




さあてどこでしょう? (笑)
















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



10月の中東欧撮影旅行、その様子はブログで逐一報告してきましたが、
雑誌がついに発売になりました。表紙と、空撮13ページが私の写真と記事です。

全国大手書店に置いてます。

transit_20091208140053.jpg

お近くに大きな書店のない方はぜひ、こちらから。配送料無料です。

講談社の雑誌ですが、手作り感あふれる心のこもった旅雑誌です。
おすすめします。
あの美人たち(笑)もちょっと出てたりしてます。
なお、売れたからといって私の利益にはなりません、念のため(笑)







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



2009.12.08 ケンカの作法
ゴジとジュウというのは、たま~にマジ喧嘩をすることがある。
おやつにしてもトーイにしても、大体はジュウが譲るのだが、興奮したゴエが襲いかかったりすると
ジュウも反撃して、興奮が興奮を呼び、本気でやりあう。

昨日もトリックの褒美がたまたまソファへ行ってしまい、ゴエがソファの上からジュウを襲った。
取っ組み合いになり、あわてて自分が引き離そうとしたら、ゴエが自分の指をパクリ !
先日に続いてまたまた流血に。まだ腫れてるよ(笑)

それはともかく、そんなとき、ゴエの身に何かあっていはいけないと、嫁さんが大騒ぎするのだが、
最近、ふと気づいた。これまでゴエは一度もケガをしたり出血したことがないのだ。
ジュウがゴエと喧嘩するときは、頭のうしろを噛んで持ち上げたりしてびっくりするのだが....
考えてみればゴエもエルにやられたときは、悲鳴を上げて大騒ぎする。しかし、ジュウのときに
悲鳴を上げたことも一度もない。
うーむ。となると、考えられるのはやはりひとつしかない。
そう、ジュウは興奮しているように見えても、決して強く噛んではいないということ。




kenka.jpg

興奮しているように見えても、ジュウはやっぱりジュウなんだね。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ







今日はゴエがNPAデビュー。
固いお皿でフリーをやるのは、2回目。



ジュウ2

D2の1番だったので、トップバッターでまずディスタンス。
しかし.....

120のヒーローディスクとゴエの足だと向かい風以外では、キャッチするのは不可能。
しかも自分の投げも悪く、いきなりゼロ点。
ガーン、想定内とはいえ、これはショック。
やはり160で取れるよう、練習しようかな。

ところで写真のジュウは、ジュウにしてはよくディスクを追ってくれた。2枚目追わない病が悪化していたので、今日は棄権するか、1枚でやろうかと思っていたが、やって良かった。







ゴエ6

ゴエのフリーは、いきなりのバックボルトが決まり、続くロングや、チェストボルト、マルチプル、
ロング、レッグオーバー、そしてロングから、足の上(膝のせ)の流れが決まり、出だしは良かった。
会場も湧きこれで満足してしまったせいか、その後はほとんどキャッチさせることができず(笑)
でもゴエはゴエなりに良くやってくれた。
まだまだ改良の余地があるので、1月のハイパーまでには、ルーティーンをきっちりまとめるつもり。

終わった後に「ダックスがこんなにできるなんてびっくりしました」と声をかけられた。
もうこれだけで、行ったかいがあったよ(笑)


実は今回は、写真もなし、ビデオもなし。アップしている写真は実はハイパーのときの
Geeさんのもの。嫁さんがiphoneでビデオを撮ろうとしたら、撮れてなかったらしくがっく
し。うーん、ゴエのデビュー戦なのにザンネン。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




つい先ほど、ゴエとジャーキーの引っ張り合いを口でやっていたら、
自分の口ごとガブリ!
しかも噛んだまま放さない!

もう、ジャーキーの前にわけがわからなくなっているのだ。

ジャーキーを放し、血まみれの口元をティッシュでぬぐいながら、
ああこれがハイパー犬なんだなと改めて感じた。
ジュウなら絶対ありえないこと。



kikan3_20091205220754.jpg

で、表題のもし、ゴエがボーダーだったなら、今頃口が半分もげてます。
まあ、ゴエがボーダーだったら絶対そんなことやらないけどね(笑)






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



2009.12.05 ゆるい時間
最近、picasaというgoogleの無料ソフトを使っているのだが、これが使い勝手がいい。
写真を整理するのに使うのだが、これがあれば、lightroomがなくてもいいほど。
また写真をアップロードするのにも便利で、編集者にもpicasaのアルバムで見せたりしている。

写真をデフォルトでも読み込んでくれるので、過去の写真も一目で見られる。
それでアメリカの写真をアップしたりしているのだが、今日はベトナム。4年くらい前だったかな、行ったの。

ベトナムに流れているゆるい時間が好きだ。



vet1.jpg








vet2.jpg










vet3.jpg






vet4.jpg




なんだか、なつかしい臭いがするのだ。







あっ、かろうじて犬(笑)



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




アメリカンドライブの話が出たので続きを。

まだインサイトがまるで知られてない頃、アメリカ一周はこいつに乗って旅した。


america.jpg

まあ、燃費は死ぬほど良かった。ガソリンもまだその頃は安くて、トータル4万キロ弱走ったけれど、
財布にめちゃくちゃ優しかった。
初代、インサイト、ほとんど実験車みたいなもんだったけどね。
写真はザイオン国立公園。ぶったまげるような景色だった。







america2.jpg

もっとぶったまげた(笑)のはこれ。
後ろからすごい勢いのトレーラーがあおってきたので、道を除けた。すると猛スピードで抜き去っていった。
あんなのにぶつけられたら、アルミでできた600キロのインサイトなんてぺちゃんこ間違いなし。
なあんて思っていると、次のコーナーで横転しやがった(笑)
自業自得なんだけど、巻き込まれなくて良かったよ。

しょうがないので、運転手を救出に行ったが、こういうときのアメリカ人の行動力はスゴイ。街に入ったところ
だったので、あっという間にみんなの手で助け出された。
これに懲りて、運転、気をつけなさい(笑)


あっ、今日は犬ネタじゃあ、ありません。失礼。








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





2009.12.03 そっくり
sokkuri2.jpg








sokkuri1.jpg

そっくりというのは、もちろん人間ではなくて犬のこと(笑)
ブレーズとか全然違うのに、どこか似ている瞬間を感じる犬というのがいる。
ボビー(写真上段)もそのひと犬(笑)表情がとても似ているのだ。

それにしても、こうして飛んでいる瞬間のジュウって、どうしてもパッパラパーに見えるのはオレだけ?










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ







2009.12.02
8年ほど前、妻と一緒に北米大陸を1年かけて一周したことがある。
仕事も兼ねた撮影旅行だったが、忘れられない思い出になった。



death-valley.jpg

これはネバダ州のデスバレーの砂丘で撮影したもの。
夜明け前、砂に埋もれながら、3脚かついで歩き回った記憶がある。

そこに広がった光景は想像を超えて、素晴らしく、深く心を動かされた。






陽が昇ると、もうそこは別世界。

そして観光客がやってくる時間でもある(笑)











deathvalley2.jpg

いつか、ゴジを連れてあのときのような旅、してぇなぁ~。

















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





今日、来られた方はラッキーです。
そう、久しぶりのドッグフォトセミナーです (笑)

今日の講義は写真の寄り引きです。


seminar1.jpg

いろいろなブログの写真を見ていて感じるのは、どれも同じ焦点距離、
同じ大きさで撮っている写真ばかりが並んでいること。
もちろん、「オレの勝手」で、いいのですが、ちょっと工夫すると、フォトストーリィに奥行きが出て、






seminar2.jpg

見ている人も、もっと楽しめるかもしれません。  あっ、ゴエモンかわいい !





seminar3.jpg

動画を撮ってあとに編集してみようとするとよくわかるのですが、
同じ角度、同じ距離で撮っていると、後でどうにも編集しづらくなります。








seminar4.jpg

あっ、ゴエモン、これもかわいい! (笑)







seminar5.jpg

で、どうするかというと、簡単なことです。









seminar6.jpg

そう、今日のテーマ、寄りと引きなのです。




seminar7.jpg

寄りと引き、その中間くらいの距離の写真、こういう風に撮り分けるだけで、
見ている人はどんな状況で写真が撮影されているか、わかります。

できれば、ズームを使わずに、自分の足で動いて、角度なども変えてみると良いでしょう。
なんだか、ブログ全体が広々として感じられてきませんか?









今日のわんポイントレッスン、いかがだったでしょうか?
参考になりましたか?

それではまた、Adios amigas !




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。