上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.20 お知らせ
あの老舗写真雑誌の3月号が今日発売です。

アサカメ

今月号はデジタルカメラの最近の傾向について、
ほんとうに消費者のニーズに沿ったカメラづくりが
なされているのか、という問題提議をしています。
確かに必要以上の高画素化、高感度、動画、疑問に
思われるところもあります。
ちょっとひねりましたね(笑)

もちろん、わたしの連載も見開きですが載っています。



また違う雑誌ですが、先日行ったタイ取材がほぼ校了しました。
3月上旬の発売ですが、これはまたご案内します。



そして今は原稿用紙300枚の大作を執筆中。今月末の
締め切りで青くなっていますが、これも形になるころ
こちらでお知らせします。





にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト
ディスクのフリースタイルにはinnovationという項目があって、
新しい技を披露すると、得点が加算される。

それがまた個性となるわけだが、これはそんな技を集めた2008年のUSDDN版。




うーん、これは?という技もあるが、とにかく見ていてとても面白い。
ディスクに興味がない人も楽しめるのではないだろうか。








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
2010.02.18 犬のきもち
どんな腕のいい写真家でも絶対勝てないものがある。
なんてことをよく言ったりします。

それは親が子や、恋人同士など、愛する人が撮った写真のこと。
表情ひとつとってもそれは本物だし、なんといってもそこには写真の稚拙を超えてふたりの関係が写っている。



pupy2.jpg

なぜそんなことを書くかといえば、最近ブログめぐりをしていて、とても素敵な写真に巡り会うことが多いからだ。
もちろん犬の話です(笑)

そんなことを思いながら、我がブログを振り返るとまあ、ほんと手抜きもいいところですね(笑)

でも、ジュウのパピィのころの写真を見ていると、やはり愛情に溢れてます(笑)
これはジュウと初めてショップで出会ったときの写真。
まだうちの子になるかどうか、決めてなかったころ。

ジュウの心の内をのぞいている、自分の気持ちも写っています。











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

最近、雨ばかりですねえ。

そんなときも、こうやって遊べば、あなたのボーも大喜び ♪




って、まずこんな設備もっている人、日本にいませんね。
ちなみにやっている人もディスク・フリースタイルの世界チャンピオンです(笑)





しかし、うらやましい。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2010.02.17 女王さま
そういえば、
最近会ってないけど


Mのジュウ



女王様は元気かな?








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

先日、プチへ行ったとき、なぜチョコにしたかという話になった。

たしか自分はレッドがいいといい。
嫁さんはチョコがいいと主張。

結局ゴエモンの可愛さに負けてチョコになったのであった(笑)

で、なんで自分がレッドがいいと言ったかというと、
クリがとっても可愛かったから。

クリは目が大きくて、ほんとに可愛いヤツだった。




goekuri.jpg

ゴエが来たばかりのころのクリ












にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



ジュウが来たころ初めてこの動画を見た。



当時はすげえなあ~と思ったが、単発ならジュウもかなりのことができるようになった。
でも、とてもできなさそうなのが、4分あたりからのフットストールという足の上に乗せる技。
どうして教えていいかもよくわからない。




先日、ネットを回っていると、Skyhounds チャンピオンが、その教え方を紹介していた。



なるほどと納得。
彼はこの技でなんども世界チャンピオンに輝いている。
そして教え方を惜しげもなく公開しているのがうれしい。
この精神、ディスクに限らず、とかく閉鎖的になりがちな日本人にも見習って欲しいと思う。
写真の世界にもおなじことがいえる。











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

先日の練習会で山崎氏と話していた際、犬がフリップするときの回転方向が話題になった。

縦方向へフリップする犬と、横回転する犬の癖の違いについてだ。

yamasaki1.jpg


既出の写真だが、チェストボルトをしているピースは横方向へ回転している。
ところが、多くの犬はこうではなく縦方向へ回転する。
これはどういう違いがでるかというと、ひとつに四つ足での安全な着地の確率が格段に高くなるということがある。
もうひとつは、フリップしているときのドッグキャッチが、足が回ってこないのでやりやすいということだ。







yamazaki2_20100212111957.jpg


山Pの得意技、フリップさせての肩でのドッグキャッチ、これができるのにはそんな秘密があったのだ。
ちなみに十兵衛だと、こわくて、とてもできません(笑)









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

ピーターブルームがロングディスタンスの世界記録に挑んだ動画があった。




かなりな数を投げているのだが、コンスタントにあれだけ飛ばすのはさすがピーター。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2010.02.10 なあジュウよ
昨日は、ジュウがまた複数ディスクを追わなくなった。



owazu.jpg


なあ、ジュウよ、一度でいいから、お前とじっくり話し合いをしてみたいよ。






にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


最近、取り入れたトリックのひとつにフリップドッグキャッチがある。


トレーシーの動画に教え方が親切にアップされている。



最初は近く飛ぶことに。次にタッチしても平気なように。
とステップを踏んで、最終的にシングルハンドキャッチまで持って行っている。
ターンからバックインして、フリップキャッチするだけでもずいぶん高度な技に見える気がする。










にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




今日は、KT氏のもとで今年初のフリーフライト練習会。
名人KT氏の好意で、フリーをやっている友人たちとともに、悪いところを矯正したり、
行き詰まったところの相談に乗ってもらえるのだ。2,3ヶ月に一回のペースで昨年から
お願いしている。
犬とフリーを愛するKT氏の好意には、いつもながら頭が下がります。

そして最近とみにやる気が出てきたジュウが大興奮。

あいにくの強風だったが、ジュウがイケイケなので、そんなの関係ないのだ(笑)

まず朝はトリックの練習から。
1,チェストで後ろへ飛ばすボルト。
2,チェストボルト (前で回転するやつです)

を教わった。チェストで後ろへ飛ばすボルトは、どうもうまくいかなかったのだが、
最初はテイクからやることと、タイミングを少し遅らせた方がいいといわれ、なるほどと納得。

2のチェストボルトは、最初、自分の体の側面から跳ばしていたのだが、犬が跳びにくいということで、
{前面のチェストボルトの方がやりやすいですよ」、と教えて頂き、これもやってみるとすぐできそう。

技のレパートリーが広がった。

そして昼前からは、スローの練習。
トリックスローのバリエーションを増やしたかったのだが、裏投げのバリエーションを教わった。
通常の右、左の裏投げを風向きによって使い分けるのと、スティッカーズの裏投げ。
スティッカーズ自体も初めてだったので、これもまた参考になった。

そしてある秘密の技も習得できた。というか、できそう。
でも、これは秘密だからまだ公開しません(笑)
3月のハイパーで、できるかなあ? 









にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ




いろいろと感想はあるのだが、個々の技がどうのこうのというより国民性の違いを感じる(笑)
Easy Rider のフィニッシュは好きだ。
終わったあと、バドをガーッと一気飲みしている姿は想像してしまうのは偏見? (笑)


ちょっと気になったのでアップしておきます。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

2010.02.03 飛躍
先日、久しぶりにジュウとNPAのセミナーに出た。
クラス担当のT氏がジュウチームの演技を見て、「すごくうまくなっている!」と驚いてくれた。
「ジュウの動きも良くなっているが、それ以上にハンドラーの動きがよくなった」そうだ。

いやいやジュウがちゃんと追ってくれるようになったので、自分も動けるようになったのですよ、
という意味のことを答えたのだが(笑)
なんといってもジュウが複数追ってくれなかったので、これまでコンビネーションはおろか、
ルーティンさえ組み立てることができなかったのだ。

ゴエを触媒にしてジュウのやる気を出しているのがこのところ功を奏している。
ゴエあってのジュウなのだ(笑)

そんないい雰囲気のまま、タイへ旅立ち、帰ってきてから、もう2度ほどディスクの練習をやった。
ジュウはいい感じを持続。今はT氏のアドバイスに従って、複数枚を手に持ってのディスタンスと
いうのを取り入れている。これで複数でも単発と同じくらいテンションを上げようという狙い。



jufree.jpg

photo by miyuchin



今週末には、恒例の、あのKT氏との練習もあるし、ジュウのフリー、これからどう成長していくのか、
とても楽しみなのだ。








にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


2010.02.03 帰国
タイから帰国したら、東京は雪だった。
ゴジは大喜びでお迎えしてくれた。特にジュウはひぃひぃ鳴きながら、発狂寸前だった(笑)
癒された、といいたいところだが、そういう言葉使いは実はあまり好きではない。
なぜならゴジは自分にとっての大きな生き甲斐のひとつだから。
たぶん、これが恋人だったら、久しぶりに恋人に会って癒された、という言い方はしないだろう。
考え過ぎかな?(笑)





ただ、心はまだしばしタイに。
様変わりしたタイだが、変わらぬものも多々あった。
たぶん一番変わったのは人の心だが、一番かわってないのも人の心かもしれない。

僧と船












にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。