上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rival.jpg


暑くなり、川遊びのいくことの多いこのごろ。
それにしても、わが家の凹凸コンビ、いつ見ても、なんだか笑える .....
スポンサーサイト
優勝チームの演技。ハイパーのHPに掲載されているものです。

2010WC_アジア選考会



たぶん5枚だとやりにくいんだろうなあと思ってみてましたが、
演技の合間にちょっとしたドッグトリックを入れ、ボルトとドッグキャッチを
組み合わせるだけでずいぶん見栄えがよくなるものだなあと感心。


大会が終わり、早朝5時に河川敷でフリーのトレーニングを
やってみた。あらためて思うのはジュウのハンドリングの難
しさ。

悪いところを書く前にまず、いいところを(笑)

ドッグトリック (ドッグコントロール)
ジュウは大抵のことはできます。かなり高度なものまで。
ドッグダンスをかじっていたし。ひまさえあれば遊んであげて
るから。

ジャンプ
ジャンプ力は天下一品。これほど飛ぶ犬も珍しいほど。

コマンド
子犬のころからコマンド入れてきたので、コマンドひとつでなん
でもやります。どんなに疲れていても、バックボルトのコマンド
をだすと、とりあえず背中を踏み台にジャンプする。フットス
トールも、ディスクをえさにするのではなく、
アップコマンド一発で反応してくれました。

技の理解力
大抵の技を教えるとその日のうちにできます。
ローリングドッグキャッチなども、数回で覚えてくれた。

俊足
特に追い足がスゴイ。ジュウより先にディスクが落ちることはまず
ない。
追い越すことはしょっちゅう(笑)

ディスクを使っての技
スタンドのマルチプルなども初めてなのにすぐ覚えてくれた。
大抵のことはできます。鼻でつんつんしてディスク返しもすぐでき
た。


こうしてみると、けっこうすごいじゃん、ジュウ。
さて、問題点にいきましょう。

1,複数ディスクに意欲無し
2,複数ディスクに意欲無し
3、複数ディスクに意欲無し
以下略 (笑)


まずこれまで何度も繰り返し書いてきたが、複数ディスクへの意欲の
無さ。このため、上のすべての能力が台無しに。

ドッグトリックをやっていると、モチベーションがだんだん下がって
いくのでこれは封印。
意欲がないときはジャンプしません。
コマンドに反応しますが、口が開いてません。もちろん取ってくれない。
ローリングキャッチも、中途半端なだらだらキャッチに。
もちろん俊足も発揮せず
スタンドしますが、やる気がないときは口をあけたまま。閉じてくれない
のでマルチはすべてはじきます。

そう、どんなに個々の技術を磨いても、意欲の問題を解決しなければどうに
もならない。練習ではゴエとのライバル心を刺激して意欲を。本番ではやる
前に煽ってやはりやる気をださせ、なんとかごまかしてます。
でもそんなごまかしではなく、本当の意欲をつけなければ。

そんなことを思いながら、早朝練習していて新たな発見。
ジュウは気合いの入ってないスローは追わない。
どういうことかというと、ホワーンとゆるいディスクや、回転の効いてない
ディスクだと追う気しないみたい。
ちょっと難しい、早いディスクが好みのよう。またあまり遠すぎたりすると
これもだめ。
そう、ジュウのテンションを落とさないためには、ビュンと気合いの入った
ディスクを、難しめに投げなければいけない。
そうすると、面白いのか、ドライブがなかなか落ちない。

そう、投げ手の技量がためされているのです。

そんなジュウですが、ディスクが一枚だとスゴイ集中力。
ほわんとしてようが、遠かろうが、全然平気。

いったいなぜなんだろうねぇ。
一度ゆっくり膝を交えて話したいよ!
ワールドカップたけなわですが、facebookに週末、ポーランドでも行われた大会の動画が入ってきました。



Marta and Jadzka ペアです。 とにかく元気がいい !

ちなみに優勝したのは、日本から遠征中のShaun&Shackチームのようです。

世の中にはさまざまな予期せぬ出来事というのが、ある。

そしてそれはなぜか大事なときに起こる。

そしてそれはAWIのワイルドカード、初戦でも起きた。

開始の十数秒でジュウがウンチ。思わぬ出来事に一瞬、ウンチをさっとポケットに隠し、
とぼけてプレーしようかと思ったぞ(笑) さすがに我に返って、それはやめたが。

前日の土砂降りの中、ルーティーンを組み替え、間際で完成したジグザグや、ゴーアヘッドを
とりいれた新ルーティーン、披露する前に終了。

ドロップだしは当日朝、2度もやったいたので、これには驚いた。この日の午前中は
試合後にも2度もウンをし、計5回。どうしたんでしょうねえ。別に緩くもないし。

宿までとって2日間参加した大会はついに演技なしの終了。ファイナルとは欲張らないが、
せめて1Rでもプレーしたかった。

大会そのものはとても素晴らしく、2日目、D1のスーパーが終わった時点で雨で撤収したが、
素晴らしいプレーの数々を堪能した。パーティも170名の参加があり、生バンドでみんな踊り
出すなど、すごい盛り上がり。

感動のMost exciting team 表彰、スピーチなどもあり、ハプニングはあったが、参加して良かった。
特に個人的には、友人のコーギーがたぶんフリー最後の舞台でファイナル進出したのが、うれしかった。
ゴエも元気をもらいましたよ !

discgetter.jpg

エキジビションゲームで1位。ジュウはでてないけどね(笑) そんなに申し訳なさそうな顔しなくてもいいんだよ、ジュウ。





2010.06.18 おしらせ
今回は、画像をアップするのをちょっとためらうような表紙です(笑)
私の連載記事と写真はNudeとはあまり関係ありません。ちょっと露出は多めですが(笑)

asahi0610.jpg

エロスと美は写真家にとって、永遠のテーマですね。
20日発売です。
さまざまなドッグトリックを織り交ぜたルーティーン。
フィニッシュが新鮮!




スカイハウンズのワールドチャンピオンシップ、アジア予選会が熊谷で行われた。

我が家はジュウとオープンクラス、ゴエとはオープンのノービスで参加。

ジュウはいつものように途中からドライブが落ちて、撃沈。これは我が家の
永遠の課題。
一枚だといいのだが、複数だと未だにイヤイヤなのだ。出張やなんたらで全
然練習してないからいいわけできないけどね。

でもゴエモンはがんばってくれてノービスで3位に。順位よりも、精密検査
でヘルニアが発見されたゴエが、フリースタイルで復活してくれたのがうれしい。
ジャンプなしのルーティンでもじゅうぶん構成できることがわかったことも収穫。
まあ、楽しんでもらえればいいんですけどね(笑)
ゴエのプレイはゴエモンせんせえの方でアップしてます。

今回の予選会は、JDDNの方たちも参加して賑やかな大会になった。前回は参加者が
少なかったので、喜ばしい。しかもレベルがとても高いので驚いた。アメリカから来た
ジェフ・ペリーも満足したのでは? これからも団体の垣根を越えてさまざまなチームが
演技するようになればいい。
1位は二見氏とルシータのチーム。サイドステップ?トリックや、飛ばして片手で持ち上げる
ドッグキャッチ、見たことなかったので、新鮮だった。ちょっとした工夫でルーティンも見栄え
するのですね。

それにしてもフリーも進化してるなあ、という印象。昔ながらの枚数稼ぎのルーティーンでは
もう通用しないと、ある選手が言っていたが、まさにその通りだと思う。

残念ながら、今回は写真も動画も撮っていないので、アップするものがありません。

全然関係ないのだが、Andrew Hanの動画を見つけたので、アップしてみます。



かるーくなげる2枚投げが印象的。


来週はAWIジャパンファイナルのワイルドカードに参戦する予定。
うーん、オレの人生、これでいいのか?



2010.06.03 再会
アメリカに住んでいる写真家の友人が帰国したので、湘南で一緒に飯を食った。
彼は写真学校の同級生で、ネットのおかげでうん十年ぶりに再会し、このところ毎年のように会うようになった。

写真からアリゾナのサボテン、あちらのラーメン屋にインドネシアの島のまずい飯の話まで、さまざまな話は尽きることなく、
朝から夕刻までしゃべり通しで、傍らにいたジュウもあきれていたかもしれない。

話し方も学生時代そのままで、一緒に海岸にいると千葉の海にナンパしに行った学生時代が蘇るようだった(笑)
そしてふと、彼とはあと何回会うんだろう、なんて考えたりもした。

shounan10.jpg

海で大はしゃぎのジュウ。連れて行って良かった。


その友人が最近活躍しているサイトです。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。