上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、バックフリップができるようになった十兵衛。

今は、前へ跳ばすBFと、奥へ跳ばすBFの使い分けを練習中。



スポンサーサイト
ハイスピードカメラが欲しいなあと思ってたら、ムービーメーカーでもそこそこは見られるのができるのですね。
一枚のディスクでのリレーを入れたシーケンス。
パクリが入っているので、これをベースにもっとアレンジする予定。



ジュウのお皿をいっぱい使ったフリー嫌いが直らなかったら、最後の手段は一枚フリーかも 笑
2011.01.29 フットブラシ
ディスクを足で蹴るフットブラシ。
ジュウが一番好きなスロー。ごほうびにも使ってます。



と、最後にギャラリーから声が出て....オチがついてしまった(笑)

しかも嫁さんにはプレッシャーに弱いと笑われるし.....
十兵衛を見ていると、大好きなディスタンスはがっちりくわえるけれども、フリーになると、とても噛みが甘くなる。その様子を眺めながら、やっぱりグリップが弱いのはドライブだと実感。

まあ、あんまりムキになって練習してもしょうがないので、最近は楽しみながらやってます。
練習でできるようになれば、もちろんいいけども、やってもできなければしょうがないと。
それより練習、楽しもうと、決めてます。

大会に出るのは、月に一度あるかないかだけれど、それ以外の多くの日は、こうやって広場で遊んでいるわけだから。短い犬生、楽しまなきゃ、ソン 笑

asobitsukare.jpg

疲れたびー
なにやらゆっくり話す戦場カメラマンが話題になり、そういう職業があるのだ、という事が社会に認知されだしたという。ただ、自分が若いころは、ベトナム戦争の余韻冷めやらずで、まだWar photographerというのは憧れでもあった。
自分も若いころは、取材で何度か戦場へ行った。
牧歌的戦争と言われたソ連とアフガニスタンの間で繰り広げられたアフガン紛争もそのひとつだ。

なぜこんなことを書くかと言えば、古い写真が出てきたから。

senjocamerman.jpg

これは前線の砦で私がムジャヒデン(イスラム戦士)とともに、つかの間の休息にくつろぐひとときを、撮ったもの。
自分がまだ23歳のときのものだ。長居をしたので、みんなとすっかり仲良くなった。みなとても親切で優しく、遠い異国からきたカメラマンを大事にしてくれた。

あれから時は流れ、ムジャヒデンは戦争に勝ったが、タリバンに駆逐され、さらに今は米軍も介入して泥沼化している。
彼らは今頃どうしているのだろうか?
今日は、ジュウとタグトレーニング。

もともとジュウはグリップが弱いのだが、最近coolの軽くてやわらかいディスクに変えたので、グリップを強化するためにもやってみた。

ただひっぱりっこをやってもつまらないので、タグを使って、オーバーさせたり、フリップさせながらキャッチさせてそのままひっぱりっこ。これで少しはグリップが強くなるかな?

これでだめなら、ジョーズでも買うか。

タグトレ、本気でやると人間にもいい運動になりますね w


kamiamaju.jpg

がっちり、くわえるんだぞ、ジュウ !

まず基本形。



ここから発展させて色んなバリエーションを作るつもりなのだけど、
ジュウベエ、遅すぎ! w


ちなみに週末に撮りためたものを順次アップしています。


ショートやミドルで投げて、受け渡しをビデオチェック。
今度は片手で撮りながらではないので、やりやすい。



中途、股をぐぐったところで一旦止めるバージョンもやってみた。

股をくぐらせず、背中を回らせた方がスローに集中できる気もするが....しかし股くぐりの方が美しいかも...とだんだん思考がマニアックな方向へ走りそう w

後はスピードアップですな。


ちなみにタイトルはジョークですので、念のため w
これがなかなか難しい。




このように低いとちゃんとオーバーしてくれるが、高くなると足をつく.....普通にしゃがんだ状態でできるようにもっていかなければならない。
最近は細かいセグメントを作り直し中。



もちっと、高く飛んで欲しいなあ w
タイトルから連想すると、フリーの新しい技だと思うかもしれませんが、ちょっと違います。



どうです?あなたもトライしてみませんか?
2011.01.20 連載
今月の私の連載は、アメリカの国立公園の冬景色です。

アサカメFeb11

ほとんど匿名のこのブログのみをご覧の方にはわかりにくいと思いますが、P160に掲載されてます。


2011.01.20 ねね
わたしの誕生日に母からお祝いの手紙が届いた。
その中に一枚の写真が入っていた。

nene.jpg

あまりに突然だったので、一瞬名前が思い出せなかった。そしてすぐ「ねね」という言葉が記憶の底から蘇ってきた。ねねがどういう経緯で少年時代のわが家に来たかははっきり思い出せない。祖母の家でマロという名前のマルチーズを飼っていたので、ひょっとしたらその子どもだったのかもしれない。
 犬は外で飼うもの、と思いこんでいた当時、ねねは初めて飼う「座敷犬」だった。
犬と一緒に寝たり、ごはんを食べたり。そんなことができるとは夢にも思わなかった。

家の中では、よくなつき、可愛いねねだったが、散歩へ行くとちょっと違った。公園で放しても呼び戻しができないのである。いや呼び戻しができないどころではない、追っても追っても、どこまでも逃げていくのだ。

これには参った。以前飼っていたチャコはそんなことがなかったので、ちょっと憎らしくなったほどだ。外飼いではなかったので、たまに外へ出ると舞い上がってしまったのだろうか? そういうこともあり、あまり外へ連れ出さなくなった。

そんなねねだが、自分でも驚くことに、別れの記憶が定かではない。その後、誰かにもらわれていったような気もするが思い出せない。自分は若くして家を出たので、その頃、ねねはまだ実家にいたのかもしれない。

幼かった時に一緒だったチャコの記憶は鮮明なのに、ねねの思い出はとても希薄なのだ。

たぶんチャコの面影をいつまでも追ってばかりいたから、ねねをチャコと比べ、失望したせいかもしれない。今だったら、犬のしつけももっとできるだろうし、ねねとも、外でもっと遊んであげられたのに、と、ちょっと後悔の入り交じった気持ちでこの写真をいつまでも眺めてしまった。


2011.01.18 作品
ゴエにしてもジュウにしても、まあ、ほんと手塩という言葉を使うとしたら、
こういうことだろうというくらい、手をかけて育ててきた。

セピア

特にジュウの場合は、たぶんこんなに手をかけて犬を育てることは2度とないだろうと思う。
この先新しい犬を迎えても、育て方の要領は良くなるかもしれないが、あれほどの情熱はもう傾けられないだろう。

ドッグスポーツも小犬の頃から色々やったが、なぜかジュウの一番不得意な分野、ディスクのフリースタイルを選んでしまった。まあ、これは私のわがまま。

ディスクも本来は欲から入るべきなのだろうが、自分はその前に犬のコントロールを教え込んでいる。だから、辿る道筋も、直面する障害も、そして解決方法も、たぶん普通のディスクドッグとは違うかもしれない。

まあ、それはともかく、ジュウの一挙手一投足は、これまで自分が積み上げてきたものの集積のはず。ジュウはいわば、よくも悪くも私の作品、ともいえる。だから何が起こってもそれは私の責任....いや自分とジュウは一心同体のはずだから、共同責任かな? 笑

そんな自分の今の夢は、フリーの一投、一投、ワントリック、ワンキャッチがジュウとの会話のようになれればいいなあというもの。もちろん会話だから、一方向ではない。自分が投げたワンスローを取る瞬間にジュウの気持ちがビシッと伝わってきて、次へいく会話もそこに生まれる、そんな感じだ。
日常生活では、ずいぶん会話しているつもりだが、フリーはまだまだそれにはほど遠い。
いつか、そんな日が来ないかなあ。


うーん、いかんいかん、夜更けにおやじがブログを書くと、ついつい語りすぎてしまう...笑



ここ数年、ほとんどディスタンスの練習をしてこなかった。
これではいけないということで、ちょっと練習をすることに。

ジュウのディスタンスの弱点は二つある。そのひとつが受け渡し。
ジュウの場合は早めにドロップして、そのまま走り去るという癖がある。

では、その弱点をどう直すか?






どうです?このスタンドさせて手渡しさせるという作戦。
単に手渡しを強要するのでは、しかとされることがある。
ということで、得意の逆療法 ちゃんと受け取り易いところに立って待ってなさいという、
名付けてティーアップ投法。名前はゴルフから取りました。
投法でもなんでもないんだけどね 笑

これなら投げ手もかがむ必要なし。らくちん 爆
Donna Schoechの USDDNのフリーがアップされていた。

それぞれの技の細かいところにオリジナリティを入れている。



ラストはご愛敬 笑
1月のハイパーの写真をBOBY父とチャピ父からいただいた。


いつも思うのだが、やっているときはやる気がないように見えても、
写真で見ると結構頑張っていたりする。


12junhyper1.jpg








12junhyper2.jpg

こういうのを見ると思わずジュウのおつむを撫で撫でしたくなる 笑




12junhyper3.jpg

う~ん、Cooool !  笑



写真は勝手にトリミングさせていただきました。
ありがとうございます。

最近、忙しくてなかなか更新できませんが、


ゴエモンも

goeome.jpg


ジュウベエも

juome.jpg



元気いっぱいでやってます。

gojiome.jpg

今年もよろしくお願いします


2011.01.03 初づくし
今日は初フリー練へ

jiko1.jpg

初投げ、初跳び、初ボルト、初顔面蹴り、初出血、初涙

初づくしでした 笑



こんな私たちですが、今年もよろしくお願いします <(_ _)>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。