スポンサーサイト
2011.04.26 桜の名所
桜の名所といわれる公園へ。



1.44 uSv
2011.04.26 南相馬の朝
朝、海岸へ。

ジュウは大はしゃぎ。

そして疲れて寝る。
一番癒されているのは、俺かも?




2011.04.25 おつかれ
南相馬に到着。ジュウ、おつかれ。さあ、あしたから頑張ろうぜ。
車の調子がおかしくなり、ディーラーで部品こ交換。かなり高額。写真は、ディーラーでセクハラするジュウ w
2011.04.25 福島は雨
福島は雨。桜もかなり散りそう。

今日は、東北道で覆面が、違反車を捕まえていた。こういうのを見ると、平時に戻ったのだなあ、と思う。
震災直後、東北道を走った時、緊急車両もほとんどなく、独占状態だった。
二回目は、全国から、消防車が。
三度目は、一般車が。
そして今日は、覆面まではしるように。

ジュウ、残念ながら、散歩はなしだ。濡れたら、ハゲちまうぞ。

0.96 マイクSv
2011.04.25 再出発
さあ、また、被災地行きだ。

なあ、十兵衛、また、よろしく頼むぜ。

東北道、宇都宮付近にて。



これからしばらく、こんな感じでツィッターほくやってみますね。
猛スピードで更新するかも?
急きょ決まりました。
硬い内容ですが、現在ジュウも出演できるか、交渉中。

今週です。 4月23日(土) 午後6時半~8時半 東京都町田市。 @町田・デザイン専門学校 参加費:無料 定員150名

こちらがそのリンクです。
いつもは車中だけど、たまには宿に泊まることに。
バタンキューの十兵衛

おつかれ

やっぱりおつかれなんだね。
2011.04.22 お届け物
今回、犬友さんたちのお気持ちをお届けに上がりました。



配給






配給2

ジュウは笑顔のお届け物 笑


東日本大震災で離ればなれになった人と犬をつなぐページ。

こちらがそのリンク
ジュウベエ、南相馬の避難所を訪れました。
なにやらいい匂いが......


南相馬1

原発事故が緊迫した時期は、物資が届かず大変だったこちらの避難所ですが。
状況が少し落ち着いてきて、物資が入るようになりました。
今日は岐阜から飛騨牛の差し入れ。

南相馬3

うーん、うまそう、とジュウ。

南相馬2

おじいちゃんと。



この町の避難所にいるのはお年寄りばかり。小さな子供たちは、みんな遠くへ避難したそう。
そういうわけで、残念ながら、フリスビードッグとのエキジビションは止め、セラピーに徹しました。

そうそう、ジュウが着ているのは、一応放射能防護服です 笑




ハイパーメディアクリエイターは西表まで逃げたそうですが、原発まで20キロのところには今もそこで暮らしている人々がいます。
そんな南相馬の避難所で暮らしている被災者を慰問することにしました。
ここには楽天もタレントも来ません。


_MG_7645.jpg

南相馬は肉牛でも有名。 入口には牛の像が。



navi.jpg

ナビは原発まで20キロを示しています。

続く
2011.04.13 選挙カー
ジュウベエ、次ぎの選挙に立候補しそうです(笑)

ジュウと避難所

被災地慰問の旅は続く。
取材の合間に南三陸町の避難所を慰問。

フリスビーにみんな夢中。

shougakko.jpg

家族や家、そして震災で愛犬を失ったこどもたちもいる。



kinenshasin.jpg

十兵衛とひととおり、遊んだ後、「君たちが新しい街を作るんだよ」と声をかけると、「おうっ」と力強い返事。
きみたちのような子どもがいる限り、東北はきっとだいじょうぶ!


2011.04.09 犬は人を救う
ジュウと避難所を回っていると、人が犬を救うのではない、犬が人を救ってきたのだ。
そうした犬と人の関わりの原点を思いだす。

子どもとジュウ


_MG_0246.jpg

震災の犬を救うというが、人間がやっているのは、犬たちへのささやかな恩返しにすぎないのだ。
2011.04.09 余震
現在女川訪問中。一昨日の大余震では、車の前の道路が陥没、のみ込まれるのではないかと、一瞬、肝を冷やした。

ところでジュウの慰問は取材や援助と平行して進行中。

被災地の子どもだけではなく、大人や、ボランティア、自衛隊の間でもジュウの人気は高く、皆が笑顔になる。
フリスビーの技をやると、子どもたちは大喜び。みんなが投げるお皿も、ジュウは喜んで取っていた。

避難所でフリー

女川町避難所


ジュウ、女川

写真は女川
2011.04.06 東北へ
東北へ出発、現在、石巻近くのSAで仮眠中。

SAジュウ




ところで、2月に出版した「鯨人」読売新聞にも書評がでました。