上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.26 犬マンション
先日の大会で見かけた一コマ。


おっ、かわいいボーダーがいる

inumansion.jpg










と思って近づくと









わんわんわんわん

inumansion2.jpg


ひっくりかえりそうになりました 笑

スポンサーサイト
久美堂にも平積みに。

こちらは地元の作家を大切にする本屋さんです。ありがたいことです。

hisamidou.jpg
今日はちょっと真面目な本業の話です。

2か月あまりの被災地の取材では空撮を2度敢行しました。1度目は雑誌の協力を得て、2度目は独力で。お金のかかる空撮はフリーの立場だとなかなか難しいのですが、どんなことをしても撮っておく必要があると感じたからです。写真は空から見た女川町


この女川町の写真を見れば、町が広範囲にそれも跡形もなく消えているのがわかります。そして高台にある施設が全くの無傷だということも。ちなみにこの不自然なほど立派な陸上競技場は、原発の交付金で建てたものです



女川空撮

空撮は、北は岩手の宮古から、南は福島原発、いわき市まで及ぶ、広範な地域で行いました。なぜそこまでやったかというと、今回の写真集は、これから10年は続くであろう、復興に向かう人間の壮大な物語の、第一幕だと捉えているからです。

The Days Afterは、5年後のThe Years After、10年後のThe Decade After に連なる「大いなる人間の物語の第一章」なのです。そのことに気付いてもらえれば、10年単位で製作を続けてきた私がなぜ、3か月という短い期間で本を造ったか、わかります


被災地の取材はこれからも続きますし、先ほど述べたように5年後、10年後も続編を製作します。ですからこの写真集を手に取った方は、永久保存版としてお手元に置いて欲しい。続編と比較してその変化を比べて欲しい。3巻揃って初めて完結する。そういう本なのです。


ちなみに私の写真集には、津波の瞬間も、ご遺体の写真もありません。そういう写真は新聞社発行の写真集をお求めください。まるで異空間のようなになった東北の光景と、それと対峙している人々、そこに流れる不思議な空気。爪痕は時としてその瞬間より多くのことを語ることがあるのです.

The-Days-After-表紙



すでに新聞社発行の震災写真集を買われた方にも2冊目としてお薦めします。事件、事故は一瞬ですが、重要なのは、実はその後、だからです。 なお、当然ですが、印税の一部は被災地の義援金として寄付することになっています。

The Days After-東日本大震災の記憶 今日発売です。
2011.06.21 新刊本の巻末
十兵衛の力を借りて、2か月あまりの被災地巡り、やっと写真集として製本されました。
その本の巻末にこの写真を使いました。

i_am_legend.jpg


















あっ、間違えた!










ジュウと


こちらでした 笑
2011.06.19 ファイナル
去年の悪夢再び。
ジュウにやられた (涙)
週末はNPAファイナル。

いまだルーチーンの細部が決まってない。
今日中に決めないと。

asia8_20110617075832.jpg

Photo by チャピ父さん

十兵衛、すまんがよろしくたのむぜ。
アジア選考会に出場、予選落ちしてしまったが、ジュウとの絆は被災地めぐりで深まった気がしている。

それが演技に出ないのは残念至極だが、一瞬の写真にチャピ父さんが捉えてくれた。

asia1.jpg


asia2.jpg




asia3.jpg








asia41






asia5.jpg













asia9.jpg

                   チャピ父さん、ありがとうございます。





2011.06.13 アジア選考会
久々の大会。しかもアジア選考会。

練習がほとんどできてなかったから、結果は推して知るべしだが、そんなことよりも、
こうして休日に犬と戯れることができる幸せを感じた。

アジア予選

photo by Boby M
2011.06.06 写真集制作中
今日は某出版社で編集作業。
ジュウも同伴しました。

編集部なう





何をやっているかというと、今月24日に発売になる写真集の制作です。

The-Days-After-表紙

えっ、ほんとにできるのかって?
もちろん。
もうアマゾンで注文も可能です。



今朝の週刊ブックレビューで、鯨人が取り上げられました。




美女も勧めるこの一冊、まだの方はぜひ! W

ちなみに再放送は今週日曜の深夜2時です。

アマゾンのランキングでもノンフィクション部門4位になってます(6月4日現在)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。