上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.08 かみぐせ
今日は珍しくまじめな話。

ボーダーコリー。パピィのころはとにかく大変です。
破壊王としかいうしかない 笑

まあ、それは成長とともに直っていくのですが、
直らない癖もあります。

そのひとつが噛みぐせ。

kami_MG_5599.jpg

写真のようなおいたの噛み癖はいいのですが、問題は、走っているときに
足にかみついてくる癖。

これ、大抵のボーダーのパピィは持っているのですが、
牧羊犬の本能の名残りです。
羊と飼い主がごっちゃになって、並走する生き物の足を噛んできます。

小さい頃はそれでも可愛いのですが、大きくなると大変です。
仮にシープドッグに育てるからいいや、と思っていても、足を噛む犬は、
牧場でもいやがられます。羊が傷つくからです。


で、どうするかというと、噛んだ瞬間、ポンと蹴ります。
心を鬼にして、結構きつく。
当然、パピボーはキャンとないて、びっくりします。

これを1,2度やれば、もう足を噛まなくなるはずです。

十兵衛もそうでした。
その後、大人になっても足を噛むことは全くないです。

心を鬼にしてと書きましたが、可愛い盛りのパピィを蹴るのは、とても
心が痛むもの。でも中途半端に蹴ると、効き目がなくて同じことを何度も
繰り返さなければいけなくなります。

文字通り、愛のむちなのです。



ちょっとシビアなまじめな話でした。







応援、よろしく ☆


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/1167-1c5652d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。