上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには犬の写真のお話。
初回はライティング。
出張撮影用にソフトボックスを買ったので、ゴエモンでちょっとライティングのテストをした。

dogphoto1.jpg
四角いバンクライトがゴエのお目々に反射しているのがわかると思う。ソフトだがメリハリのある光で毛の質感もでている。

dogphoto3.jpg
これは部屋のライトで撮影。そのままの灯りなので目にいろいろなものが写り混んでいる。
でも被写界深度は浅く、雰囲気はでている。

dogphoto2.jpg
こちらは同じポーズでライティングして撮影。やはり上がりがプロっぽい。


それでも2番目の写真のようにデジカメの普及で室内でもかなり見られる写真が撮れるようになった。
一番大きいのは、色合わせがホワイトバランスで簡単にできることになったこと。
昔は室内光でこの暗さだとフィルターワークを駆使しても不可能だった(特にリバーサルフィルム)

で、当時の素人写真家の方たちはどうしていたかというと、カメラについているストロボを発射!

dogphoto4.jpg
一瞬にしてプレディターなオカルト犬にへんしーんだったのです。
(これも同じようなアングルで昨日撮影したもの)

こわいですねえ(笑)


ゴエモン、つき合ってくれてありがとう♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ ランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/240-b5f0af0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。