上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで何度も書いてきたが、十兵衛はとても友好的な犬だ。
これは本来持っている性格はもとより、意識的にそうなるように育ててきた効果が大きいと思う。

そんなジュウだが、ある特定のシチュエーションでだけ、とても攻撃的になる

byc.jpg

自転車の上から撮影、結構たいへんです(笑)




それが自転車による散歩のときだ。
歩いての散歩では、なんでもないのだが、自転車引きのときだけは、行く先に他の犬を
発見するだけで、毛が逆立つ。

相手の犬が応戦態勢に入ろうものなら、今にも飛びかかりそうな勢いだ。
(制御しているからわからないが、実際には飛びかからないと思う)

どうしてそうなるのか、ジュウの心理状態を考えてみた。
併走しているから群れとしての意識が強くなるのか? 
でも歩いているときは....

で、あっと思い立った。
走りながら並走している姿というのは.....
まさに群れで狩りをしているとき。

そう、自転車引きのときにジュウはいつのまにかハンティングモードの遺伝子が
活躍し始めているのかもしれない。






byc2.jpg

ジュウ、おまえにも野生の血が流れていたんだね(笑)











にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

おっと~、ランキング、やばいです(笑)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/473-67869dd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。