2009.08.29 トリーツ
ドッグスポーツをやっている人が絶対やらないことで、一般の犬愛好家が必ずやること。
というのがある(笑)
そう、タイトルにもあるトリーツ、つまりおやつを自分以外の犬にあげるということだ。

ドグスポ関係者が他人の犬にトリーツをあげないのは、ひとつは、アレルギーなどの心配もある。
そして何よりも、犬の管理はそれぞれの飼い主が行っているので、余計な手出しをしない、
という不文律がある。

たとえば、トリーツを特別な報酬にして犬を訓練している人にとってみれば、
他人が勝手にあげるおやつは困りものなのだ。

極端な話、競技会の最中に、おやつをくれた人を見つけて脱走した、
なんていうことがあったら悪夢である(笑)

その昔、ゴエモンが誰それかまわずバッグの中をあさるようになって困ったことがある。
散歩中に犬好きの人からオヤツをもらうので、変な癖がついてしまった。

それで長い間、おやつをもらうのを禁止にしていた。

それでも最近、それがなし崩しになり、いまやゴエモンせんせえの天下になってしまった(笑)
相手の好意がわかっているので、なかなか断りにくかったというのもある。

まあ、ゴエの場合、本格的なアスリート犬というわけではないから、
それはそれでありかなとも思っている。あまりにストイックになりたくないしね。

トリーツ




ただここにきてちょっと困ったことを始めた。

おやつをねだってジャンプするようになったのだ。それも最悪の垂直跳び。

ご存知かと思うが、ヘルニアの発生率が高いダックスにとってジャンプはとても危険なのだ。
だからソファやベッドから飛び降りるだけでもやってはいけないとされる。
ヘルニア続出で下半身麻痺をしたダックスたちのために友人が車イスの製作を始めたほどだ。
だからゴエはアジも本格的にやらせてないし、ディスクフリーでもジャンプ系は最小限にしている。

今さらおやつを禁止にしても、おねだりは止まないだろうから、ジャンプ禁止のコマンドを入れる
しかないだろうと思慮中。でも、これは自分だけでは不可能。

そこでこれを呼んでいる方にお願いです。
散歩中にゴエにおやつをあげるのはとてもありがたいのですが、
もしジャンプしそうになったら、叱ってやめさせてくださいね。
かといって、ジャンプをやめさせるためにおやつをあげるのはだめですよ(笑)
ジャンプ=おやつもらえると、強化してしまいますから。

追記
誤解のないように付け足しますが、散歩中にあうほとんどの方は、「おやつをあげても
いいですか?」とまず尋ねてくれてます。
ここでお願いしたかったのは、ゴエモンのおねだりジャンプの対策です。







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
ランキングに参加しています クリックをよろしく☆




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/483-01b5c960