上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬とディスクをプレイすることにより、プレイヤーは何を求めているのだろうか?

henmip1.jpg

最初は単に楽しく犬と遊ぶことに始まったディスクも。




henmip2.jpg

練習を重ね、犬と息が合うようになり、ランクも上がり、自然に私生活におけるディスクに費やす時間もエネルギーも増えてくる。




henmip3.jpg

そして誰もがやはり問うだろう。 オレはなぜディスクをやっているのか?





henmip4.jpg

その答えは人それぞれさまざまだろう。ただその理由を知るカギは声高な理想論よりも
身近な方法論にあるように思える。






henmip5.jpg

辺見選手は、シンドバッドとのフリーに行き詰まっているときに、シンドバッドが夢にでてきたという。
懸命に何かを訴えかけてくるシンドバッド。








henmip7.jpg

悩んだ彼は、アニマルコミュニケーターを通して、シンドバッドの言葉に耳を傾けてみたそうだ。

そしてその答えは

「オレを見てくれ」

そう、シンドバッドが訴えていたという。






henmip6.jpg

確かに最近の写真を見ていると、辺見選手とシンドバッドとの間で頻繁にアイコンタクトしている
のに気づいていた。

アジア選考会でのシンドバッドとの見事なプレイの伏線は、そのときからできていたにちがいない。





















にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

クリックが更新の励みです。よろしく!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/500-de1cb1ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。