上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブダペストから一路オーストリアへ。
ウィーンで乗り換えていると、可愛い黒ラブを発見 !
写真を撮らせてもらったら、話が弾んで、方向も同じだったので、目的地のメルクまで二人で犬ばなし。

avaron1.jpg






avaron.jpg



黒ラブの名前はアバロン。オーナーの彼女はウィーンの大学生。週末で帰省するのだそう。いくら犬がオーケーといっても、列車に乗り込むときからずいぶん気を使っていた。
なるべく人が少ない車両を探して、やっとそれらしい席を見つけ、犬を座らせて席につく。そして、すぐトリートをあげて、それに集中させる。
まだ7ヶ月なので、トレーナーの方針でおすわりも何も教えてないそうだ。でも私がいろいろやってみると、すぐできた。なんだアバロン、英語わかるじゃん?とふたりで大笑い



avaron2.jpg



しばらくすると車掌がやってきて、彼女がチケットを差し出す。ちゃんと2枚ある。
ゲージに入れていれば無料なんだけど、と彼女。
でも出してあげたいよね。
彼女の名前はケイト、つい最近、やはり黒ラブをガンで失ったばかりで、5ヶ月もの間犬なしだったそう。その悲しみから逃れるためにもアバロンを飼ったのだそうだ。
実家では、犬だけではなく、馬も飼っており、週末は、彼女が乗馬、その隣をアバロンがついて走るそう。
なんと優雅な。日本じゃあ考えられない。
田舎だとみんな馬を飼っているの?と尋ねると、「うん、珍しいことではないよ」

家は大きいの? と聞くと「大きいよ」との返事だった(笑)

なにから何までスケールが違う、オーストリアの犬事情でした(笑)




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/523-85d894dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。