上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.24 十兵衛開眼?
フリーを初めてから1年、複数ディスクを追わない病の十兵衛にほとほと手を焼いた。
いろいろな人にアドバイスを受けたが、いっこうに直る気配がない。
犬のことは結構自信があった自分だが、こればかりはどうしていいかわからなかった。


そして、今月久しぶりに参戦したNPAでD1に上がったSパパと久しぶりに話す機会があった。
SパパもD1でプレイするRとはバリバリなのだが、同じボーダーのNとはうまくいかないと言っていた。
そう、Nも複数やらない病なのだ。いろいろ試しているのだが、どうにもならないそう。
これってなんなんでしょうね。最初から何の問題もなく複数でやれてるペアがうらやましい、というか憎たらしいくらい(笑)


sps1.jpg

だから参戦2度目のNPAでは、1枚でもいいやと思いつつやった。
でもテンションがどんどん下がっていくのが、わかったが、なんとか1分やることができた。
というか、1分持ったという感じ。

そんなにフリーがいやならやめようかな?とさすがに思うように。

もうこれが最後と思いつつも、少し工夫しつつ、散歩広場で新しい試みをし始めた。
ゴエが使う160のディスクに換え、簡単なレッグオーバーの連続に。
小さいディスクの方がジュウは好むからだ。
それでもやらないときは、ゴエにすぐ交代。

こういうことを何日も繰り返していると、ジュウもさすがに焼き餅からレッグオーバーでも追い続けるように。
そこで、今度は、レッグオーバー6枚投げの後にショートを1枚入れてみることに。

そしてショートを追うようになったら、こんどはロングを入れてみる。集中が切れたり、拒否したら即交代。
ゴエもフリーをやるようになったので、160の同じディスクだし、ライバル心は燃えているようでわんわん言って要求はしてくる。


sps4.jpg


そんな日々が続くなか、今日は初めてスタンダードなディスクに換えた。ディスクの数も8枚ほどに。
まずレッグオーバーの連続からロング、そして戻ったところでまたレッグオーバー7投。
テンションが下がりつつも、なんとかできるので、その流れを繰り返す。

そして拒否ったところでまたゴエと交代。ただ、いつもと違いかなりいい感じだ。
次は、フリップ、バックボルト、カタパルトを交えながら、リズム良く7投して、ロング。
そして戻るところをリアルオーバー、そこからロングを何度か繰り返した後にまたフリップや、チェストボルト、ドッグキャッチ、バックボルトなどを繰り返し、またロングを連発したが、ジュウは集中を切らさずに最後まで楽しそうにやってくれた。
これには見ていた嫁さんもびっくり。「ジュウ、ずいぶん良くなったね!」と驚いていた。

そう、ジュウは一通りの技ができるので、集中さえ続けばかなりやるのだ。キャッチ率もいいし。
フリーの楽しさを感じてきたようなので、こちらがリズム良くポンポン投げてさえやればもういけるかもしれない。

フリー初めて1年、ずいぶん後戻りしたが、今日はちょっと光明がさしたのだ。

ジュウ、ひょっとして開眼した? (笑)

写真はNPAの大会を撮影しているSPSのサンプルからお借りしました。














にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/593-33959335
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。