上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬ばなが続いたので、旅の話でも。


仕事がら、いろいろな国に行くことが多い。ダイビングスポットとして有名な地も
多く、こんなに海がきれいなのに、もったいないとかねがね思っていた。

で、せっかくだからとダイビングを始めた。
もう20年も前のことだ。

7つの海で潜り、様々な体験をしたが、いちばん記憶に残っているのは鯨を追って潜ったときのことだ。

2005-06-23--whale.jpg

マッコウなどの大型鯨は、全長18メートル、体重20トンにもなる。
そんな鯨と潜るときには細心の注意が必要となる。
尾ビレが当たっただけでもダイバーにとっては命取りになるからだ。


で、どうやって潜るかというと、鯨の前方から近づくことになる。
自分の場合はボートで先回りして、スノーケルのまま、えいやっと飛び込んだ。


何度かトライして初めて成功したのだが、海の中で鯨と目があった。
海中で目が合えば、もう安心。優しい鯨は、人間を避けて、尾ビレが当たらないように気をつかってくれる。

撮影は成功。しかも海の中で、地球上でいちばん大きな生き物と、コミュニケーションをすることができた、
そのことにとても感動した記憶がある。

この写真は97年ごろに撮影したもの。
最近は海に潜る機会も減ったが、たまに海の見えるレストランでビールなどを飲んでいると
あのときの記憶が蘇る。同じような海の中であのでっかい鯨とランデブーしたんだよなあと。


そうそう、そのときちょっとした発見をしたことを書き忘れてはいけない。
海の中で見た鯨の眼はとても可愛かった。










にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/795-34cdbfec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。