2010.10.13 技の進歩
ゴエモンがアジリティを止めた後、結構インターバルがあった。
そしてジュウが来て、アジを始めようと、何年ぶりかに大会を見て驚いた。
みんなタッチものを駆け抜けていた。

友人にによると世界の主流は今や駆け抜けタッチなるものが流りで、
昔ながらにきっちり止めるのは時代遅れだといわれた。

アジのような限定された競技でも技術革新があるのだと驚いた記憶がある。


フリースタイルになると、もちろん自由度が遙かに高いので、技術は日進月歩だ。

waza1_20101013093540.jpg

フットストールなるものを初めて知ったのは、4,5年前のZac Goerge のYoutube動画だった。
よくこんなことできるなあ、と驚いたが、その後日本選手もやり始めた。


日本人でやっているのを初めて見たのは、2年前にハイパーのアジア予選に参加したShunsuke & Shack。
この写真はそのとき撮影したもの。

waza2_20101013093540.jpg

米国人ではMark Mirが得意な技だ。
その後、日本人でも少なからぬ人がやり始め、フットストールも新鮮味がなくなってきた。

そこで、皆、ちょっとした工夫を懲らし始めた。

waza3_20101013093540.jpg

一本足でのフットストールや、ただ乗るだけではなく、犬にスタンドをさせたり、
足の上で360度回転させたりするのだ。

そうしたいわば技のマイナーチェンジのような例はフットストール以外にもたくさんあり、
それがまた各プレイヤーの個性となり、フリーを観戦する上でひとつの楽しみでもある。
(観戦するだけでいいのか?と突っ込まれそうだが 笑)



さあ、ジュウ、オレたちもなんかひとつくらい編み出そうぜ (笑)











にほんブログ村


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/799-80468de5