2010.10.28 六花と練習
昨日は、河原にさくパパさんが来るというので、ゴジを連れて自分も合流。

大抵ひとりで練習しているので、お仲間がいるのはうれしい。

練習していると、やはりコマンドのタイミングの話になり、
六花の切り返しコマンドのタイミングを見せてもらった。
ちなみに六花はジュウと10日違いの幼なじみ。
ただでさえ敏捷な六花、コマンドも相当早い。

自分も六花相手に投げさせてもらったが、歯切れのいい切り返しは
投げていてとても気持ちいい。
さくぱぱに「コマンドが遅い!」とダメだしももらった(笑)

jukirikaesi1.jpg
photo by Boby-M


切り返しを速くするコツは、取れなくても刺すような鋭いスローを続けること。
ディスクをふわっとあげるとのっそりやっても間に合ってしまうからだ。

ミドルの後のオーバーでも、犬に合わせてトスするのではなく、全速力で
駆け抜けないと、取れないような早いタイミングで上げていた。

自分もジュウとちょっとやってみたが、いまいちジグザグがきちんとできない。
ジュウが、ネクストというコマンドをゴーアヘッドと勘違いしてGOしてしまう。

なんでかな?とあとで考えてみたら、最近、ダブルゴーアヘッドの練習の際の
コマンドがネクストだったことを思い出した。
振り返ってのネクストは切り返し、キャッチした瞬間のネクストはゴーアヘッドと理解していたらしい。
なんだジュウ、悪いのはオレか、ごめんよ。

もうひとつ勉強になったのは、ニーボルトなどのトスの位置。
取れないくらい遠くに投げた方が、犬が一生懸命ジャンプするようになる。

考えてみればこういう基本的なところが、ジュウにキャッチを成功させようとするあまり、
間違った方向へ進んでいたなあと反省。


昨日は風がちょっと強かった。風速4メートルと予報にあったが。
風にあおられてトリックスローがメタメタ。風に負けない強いスローができるよう練習しないとダメですね。









にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/822-99a4b097