上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、画像管理ソフトがなぜか不調で、外付けハードディスクに貯めた写真の再読込をやったら、みつからない写真がでてきた。それも去年撮影した東欧の写真が全て無い。あせっていろいろな外付けディスクなどを探しているうちに夜が明けた。ひょっとしてハードディスクの障害なのかと思った。
明け方に、東欧の写真だけ別のフォルダに入れていたことがわかり一件落着。それでも画像管理ソフトで整理していた建物の名前がすべてパア。がっくし。



クルーズ
ドナウ川クルーズで撮影



そんなこともあり、デジタル時代の写真の保存について改めて考えた。これが意外と難しい。以前はフィルム(リバーサル)だったので、マウントして、ボックスに詰めるだけでオーケーだったのが、今は撮ったものをなんらかの形でメディアに保存しなければならない。ハードディスクに入れっぱなしなんてのはもちろんダメ(笑)いつ障害が起こるかわからない。かといって外付けにバックアップしても、いずれは寿命が来る。
それでDVDに焼くしかないのだが、一週間のロケで60Gも撮る自分にとって、4.5GのDVDにいちいち焼いていたら手間が大変。しかも怪しい。果たして30年後も生きていてくれるのだろうか?

ちなみにメインに使っていたコダクロームは30年前のものもほとんど退色せず今でも印刷に使える。
便利になったようで、意外と不便だ。

みなさんは大事な写真、ちゃんとバックアップしてますか? 







にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/844-a59e8649
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。