上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬バナをちょっと離れて、イグアナの話 w

以前、取材でガラパゴス島へ行ったことがある。

ガラパゴスは環境保護が徹底しており、決められたルートを歩かなければならない。
それでなかなかクリエイティブな写真が撮れず悩むのだが、ふたつだけ、なかなかできない体験をした。

ひとつはこの泳ぐイグアナ。

泳ぐイグアナ
oceansより

イグアナには2種類あり、陸イグアナと海イグアナというのがある。その名の通り生活スタイルが違うのだが、ダイビング好きな私はいつかイグアナと泳ぎたいと思っていた。しかし海イグアナといえどもいつも海中にいるわけではない、大体が海岸沿いで化石のようにフリーズして、つばを吐いている。

チャンスは突然やってきた。
島のビーチでくつろいでいると、遠くの方で一匹のイグアナが海に向かって歩いているではないか。
ビーチには船のクルーズ客が大勢いて、海水浴をしているのだが、誰も気づいていない。

これはチャンスと、シュノーケルだけ持ってそっと私は海に入った。
すると、イグアナも海へ入ってきた。
後を追うようにして私も泳ぐ。イグアナの尻尾がくるくると海へびのように目の前で揺れていた。

イグアナがぐっと潜ったので、私も潜る。素潜りは仕事柄結構自信がある。
イグアナは海底の岩にとりつくと、岩の苔を食べ始めた。
それを至近距離からじっと観察する。グロテスクなイグアナも海中で見るとなかなか可愛い。

残念なことに水中カメラを携行していなかったので写真は撮れなかったが、その分、イグアナとのダイビングを存分に楽しむことができたもうそれだけで満足。
ちなみに何も知らずに海岸で待っていたイグアナ好きの嫁さんは大いに悔しがっていた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/890-268766e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。