原発と至近距離にある南相馬町、先にも記しましたが、取り残された犬たちの救助活動が始まりそうです。
避難用バスにペットを乗せてもらえなかった飼い主たちが、飢え死にさせたくなくて、町に飼い犬を放したため、首輪をした犬たちが町をさまよっています。


ドッグフードの支援も求めています。
中心になっているのは、立ち入りを禁じられた30キロ圏内で唯一活動をつづけるジャーナリストのこの人です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goeju.blog7.fc2.com/tb.php/926-6fb04f83